そこにしかない個性。それはオブザイヤー

MuvoTours~仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記ですという訳ですな。

開運・厄除け、京都の天の岩戸くぐり ~日向大神宮~

f:id:konsoyage:20180804153743j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村


B級スポット・珍スポットランキング

=====================

2018年6月3日

池袋駅

→京都駅(夜行バス:6時間)¥5800

天の岩戸(日向大神宮)(地下鉄&徒歩:30分)¥900※地下鉄・市営バス1日パス

南禅寺(徒歩:30分)

→くろ谷 金戒光明寺【アフロ地蔵】(徒歩:20分)

→安井金毘羅宮【縁切り神社】(市営バス:26分)

→鉄輪の井戸(徒歩:20分)

→大将軍商店街【妖怪ストリート】(市営バス:40分)

上賀茂神社(市営バス:50分)

→梅宮神社(市営バス:55分)

→東京駅(夜行バス:8時間)¥3,880

〇移動手段:夜行バス・市営バス電車・地下鉄

〇費用:食事(1,000円/回)合計で約16,580円

※やっぱりかかっている金額すべてかけるだけ書こうかと思ったんだ。

〇個性:★☆☆☆☆全国に有り笑

〇楽しさ:★☆☆☆☆日向大神宮の朝散歩はいい感じ

=====================

 

 

 

ぶらりと京都一人旅。翌日大阪で仕事なので京都に行きました。

今でこそ東京に住んでぶらぶら日本全国でかけておりますが、大学時代の僕は神戸にいました。

 

そして神戸で引きこもってました。笑

 

 まぁ田舎出身であまり電車乗って遠くまで行くという感覚がなくてどうやって旅をしたらよいかあまりわかってなかったんですね。実に勿体ない4年間を過ごしました。

 

そんな大学時代のノスタルジアにも少し触れつつ、近くてあんまりいかなかった京都、ぶらりと散歩していきたいと思います。

 

 

 ~~

 

 

AM5:30 京都着 

 

 

 

早いなぁ。京都って夜行バスで6時間くらいで行けるんですね。まぁ朝っぱらからなんですが早速出発していきましょう。

 

 

まず京都市内散策の必須アイテムをGETします。

 

f:id:konsoyage:20180804151810j:plain

 一日交通券~~~

 

 

 京都って普通に街のど真ん中に世界遺産とか出現するんですね。1日、お寺とか好きな人なら2,3日大きく移動しないで市内だけで十分に楽しめます。

 

しかもほぼ市営バスでどこでも行けます。地下鉄よりも便利かもしれないですね。これで900円なんで何てお得なんだ。(ちなみにバスは230円/1回。)

もっと学生時代に京都回ってればよかったなぁ。。

 

 

 

 ではB級スポット混じえつつ散策していきます。

まずは天の岩戸のある日向大神宮へ。地下鉄で蹴上駅へ向かいます。

 

f:id:konsoyage:20180804152516j:plain

 

駅の周りはこんな感じ。何もない住宅街の駅ですね。ちょっと南に歩くとすぐ日向大神宮の入り口が現れます。

 

f:id:konsoyage:20180804153335j:plain

f:id:konsoyage:20180804153340j:plain

 

入口はこんな感じ。ずんずんと進んで行こう。

 

 

f:id:konsoyage:20180804153634j:plain

f:id:konsoyage:20180804153636j:plain

 

途中アジサイが咲いてました。

きれいなだぁ。

 

f:id:konsoyage:20180804153747j:plain

f:id:konsoyage:20180804153759j:plain

 

 

神社内はこんな感じ。朝一で誰も居なくて気持ち良かったです。あんまり神社に興味ありませんでしたがこの荘厳な空気、好きです。

 

 

f:id:konsoyage:20180804153804j:plain

現れたな!行くぞっ 

 

 

 

ちなみに天の岩戸とは皆さんご存知の天照大御神が引きこもった洞窟ですね。天照大御神とは日本の創造神、イザナギイザナミの子供であり、神道の最高位の神様。

 

その昔、弟である須佐之男命の乱暴に心を痛め洞窟に引き籠ります。

そして外で行われた宴に気を取られた瞬間にひきづり出されます。

最高位の・・神・・・様?

 

 

なんて雑な扱い。人間味のある神様ですね。

 

 

 

 

今日はなんとなく京都の岩戸に来ましたが、実は天の岩戸は全国に多々あります。ちょっと面白い考察というか意見があったので貼っておきますね。

 

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

 

地方の権力者が神話を利用してその権力の正当性を主張するために全国で天の岩戸と呼ばれる地ができたと。なるほど。歴史は奥深い。

 

ちなみに個人的には神話の始まりの地である淡路島にある天の岩戸が本家本元と思ってます。なんせ僕の地元ですから。えぇ

 

 

tripnote.jp

 ちなみにまだここに行ったことがない。笑

 

 

 

 

では前置きはこの辺で。

 

 

これが京都の天の岩戸だ。

 

 

 

 

刮目せよ。どんっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180804155030j:plain

ん?

 

 

f:id:konsoyage:20180804155043j:plain

ちっちゃ

 

 

 

 

 

ちっちゃ

 

 

 

 

 

ちっちゃいな

大切なので3回言いました。

 

 

 

 

というか手作り間満載や。

いや、岩のを掘ってるのはわかるけど、なんか、ねぇ。笑 

 

 

f:id:konsoyage:20180804160941j:plain

 

なんかくぐったら開運厄除けになるそうです。

 

 

じゃ、くぐるか。

 

 

 

f:id:konsoyage:20180804161035j:plain

お邪魔します。

 

f:id:konsoyage:20180804161134j:plain

うっひょー暗くて楽しいー(棒読み)

 

 

f:id:konsoyage:20180804161220j:plain

お邪魔しました。

 

 

 

 

岩戸くぐり時間、約10秒。

 

お手軽にできる開運、あなたもいかが?

 

 

 

 

 

 

・・・ま、まぁいい感じの脱力感でいいのではないでしょうか。

 

 

 

しかし朝イチの日向大神宮は気持ちいがいい。普通に社内を散歩して帰ろう。

 

 

f:id:konsoyage:20180804161412j:plain

 

f:id:konsoyage:20180804161414j:plain

f:id:konsoyage:20180804161407j:plain

 

 

ちょっとした山があるので登ってきました。

 

 

f:id:konsoyage:20180804161744j:plain

朝っぱらから何やってんだ。

 

 

 

f:id:konsoyage:20180804161751j:plain

うむ、絶景や

 

 

眼下に広がる京都市内。次は巷で話題のあのお地蔵さまに会いに行きます。

 

 

 

 

●日向大神宮

住所:京都府京都市山科区日ノ岡一切経谷町29 

時間:特になし

 


全般ランキング


B級スポット・珍スポットランキング