そこにしかない個性。それはオブザイヤー

MuvoTours~仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記ですという訳ですな。

五劫の時を超え、今何を思う。 ~五劫思惟阿弥陀仏~

f:id:konsoyage:20180803004751j:plain


B級スポット・珍スポットランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2018年6月3日

池袋駅

→京都駅(夜行バス:6時間)¥5800

天の岩戸(日向大神宮)(地下鉄&徒歩:30分)¥900※地下鉄・市営バス1日パス

南禅寺(徒歩:30分)

くろ谷 金戒光明寺【アフロ地蔵】(徒歩:20分)

→安井金毘羅宮【縁切り神社】(市営バス:26分)

→鉄輪の井戸(徒歩:20分)

→大将軍商店街【妖怪ストリート】(市営バス:40分)

上賀茂神社(市営バス:50分)

→梅宮神社(市営バス:55分)

→東京駅(夜行バス:8時間)¥3,880

〇移動手段:夜行バス・市営バス電車・地下鉄

〇費用:食事(1,000円/回)合計で約16,580円

※やっぱりかかっている金額すべてかけるだけ書こうかと思ったんだ。

〇個性:★★★★★ 唯一無二のアフロ!

〇楽しさ:★★★★☆ 高台にあるので絶景も一緒に(´∀`)

=====================

 

 

気持ちよく朝の散歩を終えました。開運くぐりもしたし今日はいい一日になる気がします。よし次行こう!

 

バスに乗ればよかったんですがなぜか徒歩で向かいます。次の目的地は『くろ谷 金戒光明寺というお寺。

この時格安スマホで低速モード。Wi-Fiないと解除できずどのバスに乗ればいいのかわからなかったのは内緒だ。

 

 

www.kurodani.jp

 

 

 

徒歩で向かう途中南禅寺があったので寄ってみました。あまり神社やお寺に興味なかったのですがこのお寺建てられたのが1291年だそうな。重要文化財です。

 

f:id:konsoyage:20180805130157j:plain

 

だからって訳じゃないですが建物の風格や歴史の流れを感じさせられる空気が漂ってますね。このお寺の特徴はその″和”の格式に違和感のある異国風の赤レンガのアーチ。

 

f:id:konsoyage:20180805130125j:plain

 

 

これは琵琶湖と鴨川を結ぶ水路橋で、今なお健在です。

 

滋賀県民と京都府民の不毛でウィットに富んだ争いで『琵琶湖の水止めるぞ!』という有名な格言がありますね。(?)

 

そうそのまさに琵琶湖の水を止める際このアーチが破壊されるのです。

なんてこった。

 

 

f:id:konsoyage:20180805131452j:plain

 

 

 

 

 

しょうもない妄想はほどほどにして先へ進みます。

軽く流してますがこの時点で軽く30分は歩いてます。結構お疲れです。 

 

 

 

南禅寺から歩くこと約20分ほど。金戒光明寺の門が現れます。

 

 

 

f:id:konsoyage:20180805131704j:plain

f:id:konsoyage:20180805131707j:plain

立派だな

 

 

 

 

さすが浄土宗の大本山。こんな壮大なお寺が何個も普通に町中にある京都が恐ろしい。。

 

 

 

さて私の目的はお地蔵様。それもとっておきの螺髪を備えた五劫思惟阿弥陀仏だ。

″ごこうしゆいあみだぶつ”と読むそうです。”五劫”とは時間の単位。五劫の間民を救うためにただひたすら思惟を重ね修行されて螺髪が伸びてしまったというありがたい地蔵菩薩様なのです。

 

 

 

 

ちなみに、、、

一劫が″約160kmの岩に天女が三年に一度舞い降りて羽衣で撫でその岩がなくなるまでの間を指す”そうで五劫なんでその5倍ですね。

 

 

 

 

・・・。

 

うん、何言ってるか分かりません。

 

 

 

 

軽く地球の年齢越えるくらい修行されてる感じですね。こんな軽い気持ちで参拝していいんだろうかいいのである。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180805132650j:plain

 

 

ポスターにも使われてました。人気なんですね。

 

 

 

けっこう参拝客が多いのか境内歩いているとちゃんと案内看板立ててくれてました。結構広いので迷いそうですが親切な看板に助けられます。

 

 

f:id:konsoyage:20180805132657j:plain

 

 

 

看板通りに歩みを進めること30秒(笑)、出会いは突然に。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180805133021j:plain

ん・・?

 

f:id:konsoyage:20180805133115j:plain

っ?!

 

 

f:id:konsoyage:20180805133203j:plain

お地蔵様~~~~~

 

 

 

 

出会ってしまいました。なんかお墓の階段の途中に普通に鎮座されてます。観光スポット!て感じに特別な場所にあるわけでもなく風景に溶け込んでいました。

 

なんか好感度上がりますね。(?)

 

 

 

f:id:konsoyage:20180805133420j:plain

後光がさしてます。

 

f:id:konsoyage:20180805133437j:plain

こんもりーにょ

 

 

 

 

 

五劫も修行したらさすがにこんもりしますねっ

 

ちなみに普段使っている地蔵とか如来とかの意味ご存知ですか?

僕はご存知じゃありませんでした。

 

 

仏様の種類・ランキング・菩薩

 

 

地蔵は本来、″地蔵菩薩”といい菩薩とは仏の位の事。如来がお釈迦様なんだとか。キリスト教イスラム教のような唯一神というものがなく、数ある仏様の中でも特に序列はないそうです。

 

アニミズム的な神道もそうですが多神教って色んな考え方や信仰対象があって『これが答え!』っていうのがなくて対立が少なく、平和でいいなぁと思いました。

 

浅い知識であーだこーだいうのは意図するところではありませんのでこれ以上論じませんが、知識は旅を深くする、勝手に悟っときました。

 

 

 

 

 

アフロ地蔵様の隣の階段上り切ると三重の塔があります。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180805133444j:plain 改修中。残念

 

 

 

 

 

眼下に広がるは絶景!!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180805133447j:plain

 い―――天気だなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けっこう充実してきましたが、、

 

 

まだ朝の8時台!

 

 濃い一日になりそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

●くろ谷 金戒光明寺

住所:京都府京都市左京区黒谷町121

時間:特になし

 


B級スポット・珍スポットランキング