そこにしかない個性。それはオブザイヤー

【絶景と珍景の旅ブログ】仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

諸行無常の響き、淡路島に有り。~世界平和台観音~

f:id:konsoyage:20190120183813j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2019年1月4日

洲本市絵島(車:40分)→世界平和大観音(車:15分)→先山千光寺・岩戸神社(車:40分)洲本市

2019年1月5日

洲本市屋島寺(車:2時間)→女木島(車・フェリー:50分)→桃太郎神社(車:20分)→食事処こめや(車:30分)→ゆるぎ岩(車:10分)ゴールドタワー(車:10分)→洲本市

2019年1月6日

洲本市灘黒岩水仙郷(車:40分)→ナゾのパライダイス(車:20分)洲本市

〇移動手段:車・フェリー

〇費用:レンタカー15,000円(ガソリン代込)、高速代往復2,000円(鳴門大橋のみ)、女木島フェリー740円、女木島にて(洞窟・バス)1,000円、食事3,000円(実家での分はノーカウント)、水仙郷500円、謎のパラダイス500円 合計で約24,740円

〇個性:★★★★☆ 悲しい結末を迎えつつある元観光地。

一言紹介:竣工時は日本一の観音像!今は迷惑観音・・

===================== 

 

 

絵島で日本の始まりを感じただ来た道を南へ進みます。 

 

 

f:id:konsoyage:20190119135349j:plain

 

 

 

 

 

 

 まばゆい太陽の光の下に何かが見えてきました。

 

f:id:konsoyage:20190120184302j:plain

 

 

 

 

なんだこりゃ

 

f:id:konsoyage:20190120183813j:plain

だ、だいぶつ・・・?

 

 

 

 

この辺は私の地元でもなく、帰省時はだいたい高速道路通って帰っているので話に聞いたことは合っても凝視したのは実は初めて。

 

 

こちらは世界平和大観音と言われる施設です。

 

 

関西の中ではだいぶ有名だそうで就職して東京に来た時も淡路島へ旅行した関東の人が『淡路島って大仏あるよね~』って言ってたのでそれなりに存在が認知された場所のようです。

淡路出身のくせに知らんのかよてよく言われましたが淡路島は結構広いんだよ、ばかやろう・・

 

 

f:id:konsoyage:20190120184948j:plain

隣には五重塔ならぬ十重塔があります。

 

 

 

道路沿いにアメリカという喫茶店があるのでそこに車止めさせてもらってこの廃墟どもをチラ見してきました。

観音たちは廃墟ですがアメリカは今も営業中です。

 

 

 

tabelog.com

 

 

 

 

観音像やら大仏やら言われますがこちらの施設、特に宗教施設ではなく昭和後半に創られた観光施設です。いわゆる珍スポットってやつですね。

 

大きは約100mと通天閣と同じくらい!竣工当時は日本最大の観音像だったそうですが今は牛久の大仏がNo1ですね。

観音像と大仏は違いますが大きな像てことで一括りに。仏になる前の存在が観音で大きな仏様が大仏です。

 

 

 

 

 ↓たぶん貴重な営業時の画像

chindera.com

 

 

 

 

地元出身の実業家、奥内氏が自身のコレクションを展示する観光地を作ったのが1977年、最盛期は2,000人/日集めていたようですが次第に経営は悪化。1988年に奥内氏が死去し、奥さんが営業を引き継ぐも2006年に奥さんも死去したのをきっかけに閉館。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190120191643j:plain

 

閉館から13年たった今、入口はもう朽ち果てるに任せているような状態です。

 

 

f:id:konsoyage:20190120191656j:plain f:id:konsoyage:20190120191800j:plain

 

遺族が相続を放棄してから管理義務のある者がおらず、内部の荒れ方から競売にかけられても購入者も現れないこちらの施設。毎年台風の来る淡路島の環境下では倒壊の恐れもあり、今では別名迷惑観音。。

なんてこった。大規模な珍スポットは生き残るのが難しい・・

 

 

実際に2014年には台風で観音像の一部が飛ばされ落下。

名実ともに迷惑観音となってしまっています。

 

f:id:konsoyage:20190120192629j:plain

 丸のところが剥がれてしまったようだ。

 

 

f:id:konsoyage:20190120192741j:plain

 よく見たら塔にもネットがかけられていますね。応急処置だそうです。

 

 

 

 

空が綺麗だからなんだか絶景写真ぽくなっているのがなんともシュールですね。

 一応施設の入口までなら見学に行けます。

 

 

f:id:konsoyage:20190120193038j:plain

これが門の裏側

 

 

 

f:id:konsoyage:20190120193043j:plain

入場料は800円だったそうです。この規模なら全然安いなぁ~て思っちゃいますね。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190120193047j:plain

失礼ならが入場管理人室をパシャリ

 

 

 

 

廃墟探索って興味あるんですけど法的にどこまで探索していいのか線の引き方がわからないので一歩勧めてないんですよねぇ。

誰か教えてくれ

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190120193341j:plain

門を背に脇道を通って施設まで行きます。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190120193441j:plain

道はしっかりと残っています。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190120193442j:plain

3分くらい歩いたら施設前まで着きます。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190120193446j:plain

振り返ると・・・いい景色だなぁ

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190120193808j:plain

いまいち伝わりませんが近くで見るとめっちゃでかいです。

 

 

 

 

 

当然のごとく建物内は立ち入り禁止ですが、、、

多数の探索者が中をレポートしていますので気になる方はこちらをご参考くだいさいませ。

 

 

 

tomhet.doorblog.jp

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190120194047j:plain

これが入口。厳重に封鎖されています。どっから入ったんだろう。

 

 

 

 

これがこのまんま残り続けるならこんな珍スポット(廃墟)があってもいいかなぁ~なんて思いますが風でこれが倒れてきたら周りの住民の方はたまったもんじゃないですね。

 

 

 

 

 

特にアメリカはまだ営業中・・

 

 

 

 

 

う~~ん。早々に公的機関が動いてくれることを祈るばかりです。

廃墟探索者からお金とってもいいんじゃないかな。1000円くらいなら払います。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190120194329j:plain

 

 

 

●世界平和大観音

住所:兵庫県淡路市釜口2006

営業時間:―

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村