そこにしかない個性。それはオブザイヤー

【絶景と珍景の旅ブログ】仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

天照大御神の足跡を。 ~岩戸神社(淡路島)~

f:id:konsoyage:20190123235542j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2019年1月4日

洲本市絵島(車:40分)→世界平和大観音(車:15分)→先山千光寺岩戸神社(車:40分)洲本市

2019年1月5日

洲本市屋島寺(車:2時間)→女木島(車・フェリー:50分)→桃太郎神社(車:20分)→食事処こめや(車:30分)→ゆるぎ岩(車:10分)ゴールドタワー(車:10分)→洲本市

2019年1月6日

洲本市灘黒岩水仙郷(車:40分)→ナゾのパライダイス(車:20分)洲本市

〇移動手段:車・フェリー

〇費用:レンタカー15,000円(ガソリン代込)、高速代往復2,000円(鳴門大橋のみ)、女木島フェリー740円、女木島にて(洞窟・バス)1,000円、食事3,000円(実家での分はノーカウント)、水仙郷500円、謎のパラダイス500円 合計で約24,740円

〇個性:★★★★☆ 天照大御神が引きこもった岩戸伝説の地!!

一言紹介:山の斜面に佇む社。今は洞窟でない岩戸です。

===================== 

 

日本国民の総氏神と言われる天照大御神

 

余談ですが神話の主神が女性て面白いですね。ギリシャ神話、北欧神話、中国神話にキリスト教やらなんやらみんな主神は男性ですから日本が個性的な国であることがよく分かりますね。

 

天照が岩戸に隠れて世界が暗闇に包まれたお話は日本人なら誰でも一度は聞いた事があると思います。それが岩戸伝説。その後天照は外をちら見した瞬間に引っ張り出されます。人間味があっていいですね。

 

岩戸の候補地は全国に複数存在します。

昨年の8月には京都の岩戸に行ってきましたね。 正直京都のやつは拍子抜けだったので改めてリベンジしたいとずっと思ってました。

 

konsoyage.hatenablog.com

 

 

さて千光寺に続くこの階段を登らず右回りすると岩戸神社へ続く道を歩む事ができます。

 

f:id:konsoyage:20190124002401j:plain

 

f:id:konsoyage:20190124002408j:plain

例に従ってしかるべき時ではないので休業中です。

 

f:id:konsoyage:20190124002519j:plain

あー早めに注文したかったのになぁ(棒読み) 

 

 

お店の横を通り過ぎると道を誤ったのではないかと思うほど山道になります。まごう事なき山道、獣道です。大げさ?笑

 

f:id:konsoyage:20190124002717j:plain

 

 

そんなに道が枝分かれする訳ではなくただひたすらに突き当たるまで直進です。

 

天照のいた地を進む。そうここは伝説の島。

わくわく、そして神を敬う気持ちを持って突き進んでいってください。

 

 

f:id:konsoyage:20190124003146j:plain

こんな感じで左右に分かれる道に突き当たります。

 

 

f:id:konsoyage:20190124003209j:plain

黄色で囲んだところを刮目だ

 

 

f:id:konsoyage:20190124003304j:plain

 

早い話ここをです。

 

地元の方じゃないと分からないと思いますがスモトは洲本、フクラは福良っていう地名ですね。鳥居のマークがあるので何となくわかると思います。

 

 

右ちょっと歩くと鳥居が現れます。

 

 

f:id:konsoyage:20190124003516j:plain

ほらね

 

f:id:konsoyage:20190124003517j:plain

雰囲気ありますね

 

f:id:konsoyage:20190124003519j:plain

神社の文字が大きいのはなぜなの・・?

 

 

 

 

鳥居越えると道が急に狭くなるのでお立ち寄りの際は注意してくださいね。なんだか白鹿権現思い出してわくわくしてきました。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190124003649j:plain

ナチュラルハイで走りながら撮ったのでぶれてます。

 

f:id:konsoyage:20190124003939j:plain

合掌

 

f:id:konsoyage:20190124003947j:plain

せやなっ

 

f:id:konsoyage:20190124003958j:plain

歩かせていただいておりますっ



f:id:konsoyage:20190124003951j:plain
おぅっ

 

 

させていただくという心は10歩くらいで失念してしましました。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190124004019j:plain

 

すぐかなぁと思ってましたけど岩戸神社まで結構歩きます。日が沈むと写真撮れないし足踏み外すしでちょっと困ってました。

 

 

が、遠い・・?とおもい始める辺りでたどり着く感じです。

程よい距離です。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190124004653j:plain

 

こんな感じの石垣が現れると天照大御神が引き籠った伝説の地にinです。急に道が開けたように見えますがけっこうな山の斜面に鎮座しています。

 

 

f:id:konsoyage:20190124004853j:plain

伝わるかな?

 

命を落とすような崖ではないですが転がってもいい事なさそうなので遠慮しときました。

 

 

f:id:konsoyage:20190124005010j:plain

 

 

雰囲気ありますね。当然ながら辺りに誰もおらず逢魔が時が迫る良い時間だったのでとても心穏やかな気持ちになったのを覚えています。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190124005305j:plain

 

 

小さな社と後ろにしめ縄がなされた巨大な岩と裂け目があります。岩戸というから洞窟があるのかなぁと思ってましたがどうも岩の後ろに続く道はなさそうです。

 

 

f:id:konsoyage:20190124005446j:plain

 

他の場所に同じような巨石はなくこの場所に特異的に存在しているので神秘的なものを感じられる空間になっていました。ここを伝説の地と感じるのも確かに共感できるなぁ~と思います。 

 

 

f:id:konsoyage:20190124005451j:plain

うん!満足した!いい景色っ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に画像はSNSからの拾い物ですが、岩戸神社へ続く道の鳥居前にこんな感じの木があります。

 

 

f:id:konsoyage:20190124010308j:plain

 

 

 

 

 

投稿された方が、

 

 

 

まるで舞っているようで魅力的だ。

 

 

 

と一言添えてました。

 

確かに動的で美しいフォルムの木だとちょっと感動すら覚えましたが、、、

 

 

 

 

 

 

 

当の私、華麗にスルーして岩戸神社へ向かっていました。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190124011023j:plain

自分で撮った画像に写ってるし・・

 

 

 

 

 

 

こういう感受性を持った人になりたい。

 

 

 

 

 

そう心から思いました。

スルーするのはもったいない!

 

 

 

 

 

 

ぜひお訪ねの際は木と共に華麗に舞ってくださいませ。

岩戸の隙間で天照大御神が微笑んでるかもしれませんよ。

 

 

 

 

●岩戸神社

住所:兵庫県洲本市上内善2132

営業時間:―

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村