そこにしかない個性。それはオブザイヤー

MuvoTours~仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

断崖絶壁に咲く白い花 ~灘黒岩水仙郷~

f:id:konsoyage:20190202002127j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2019年1月4日

洲本市絵島(車:40分)→世界平和大観音(車:15分)→先山千光寺岩戸神社(車:40分)洲本市

2019年1月5日

洲本市屋島寺(車:2時間)→女木島(車・フェリー:50分)→桃太郎神社(車:20分)→食事処こめや(車:30分)→ゆるぎ岩(車:10分)ゴールドタワー(車:10分)洲本市

2019年1月6日

洲本市灘黒岩水仙(車:40分)→ナゾのパライダイス(車:20分)洲本市

〇移動手段:車・フェリー

〇費用:レンタカー15,000円(ガソリン代込)、高速代往復2,000円(鳴門大橋のみ)、女木島フェリー740円、女木島にて(洞窟・バス)1,000円、食事3,000円(実家での分はノーカウント)、水仙郷500円、謎のパラダイス500円 合計で約24,740円

〇個性:★★☆☆☆ 断崖に香り高く咲き誇る水仙の群生地!

一言紹介:漁師が球根を植えて増やした水仙景勝地

===================== 

 

 

淡路島って何があるの?

 

と出身地を答えるとよく聞かれます。

 

それなりになんかあるけど、そんなに興味もって聞いている訳でもなさそうなので大体は『夏に海水浴しに行く場所じゃないかなっ』答えます。

 

夏と島って何となくつながるのだろうか。大抵は納得してもらえますが、ガチで答えるなら冬に灘黒岩水仙行けって思います。

あと夕陽は年がら年中綺麗。そんでうちの猫はいつでも可愛い。とても可愛い。

 

 

 

hananomeisyo.sakura.ne.jp

元も子もないこと言うと日本にいくつもあるけどやっぱり個人的には地元の群生地が好きなのだ。

 

 

 

だいたい水仙て海辺に咲いていることが多い気がします。淡路島の群生地の一つ灘黒岩水仙郷も海のすぐそばの断崖に群を成しています。もともとは200年ほど前に海から流れ着いた球根を地元の漁師が山に植えたところから広がったそうですね。

 

寒い冬の海を背景に凛と咲く水仙はたとえ群を成していなくとも美しいと思います。

 

 

f:id:konsoyage:20190202005332j:plain

水仙郷へinっ!!この手前で入園料兼駐車料を払います。

 

 

f:id:konsoyage:20190202005425j:plain

崖なので階段を散歩する感じです。ぶわぁぁと咲いているわけでは無い感じです。

 

 

f:id:konsoyage:20190202005550j:plain

ぐるっと回ってまた戻ってくる感じ

 

 

f:id:konsoyage:20190202172336j:plain

 

 

いつぞや行った曼殊沙華公園みたいに一面真っ赤!という感じではなく水仙は葉っぱも含めた存在感があるので緑と白のコントラストを楽しむ感じです。

 

konsoyage.hatenablog.com

 

 

f:id:konsoyage:20190202172349j:plain

良い香りっ

 

f:id:konsoyage:20190202172352j:plain

背景が暗いと幻想的な感じもします。

 

香りのいい花って言うとまず第一に金木犀が出てきますが水仙も負けないくらいいい匂いがします。ちなみに私の実家は金木犀とあとなんかその辺にいっぱい水仙咲いていたので裏山からの匂いも相まって年中いい匂いがします。

帰りてぇ

 

 

 

 

↓うまい人がドンピシャの季節に撮ると一面水仙!みたいにもなるようですね。 

www.rurubu.com

 

 

 

f:id:konsoyage:20190202173320j:plain

ぬっくらと階段を登っていきます。

 

f:id:konsoyage:20190202173336j:plain

水仙小僧が案内してくれます。かわいい。

 

 

f:id:konsoyage:20190202173341j:plain

うむ、美しや

 

f:id:konsoyage:20190202173348j:plain

あ~天気がちょっと残念だなぁ


f:id:konsoyage:20190202173757j:plain

ノスタルジックにしてみた

 

 

 

f:id:konsoyage:20190202174728j:plain

なかなか断崖絶壁や

 

 

 

 

さて先ほどからちょいちょい出て来ている展望台は↓の大きな木を過ぎたところ辺りにあります。灘黒岩水仙郷はこの崖を登って展望台から見る海がなかなかの絶景です。

 

f:id:konsoyage:20190202173802j:plain

ダッシュだっ


 

 

 

 

 ちょっと振り返ると・・・

 

 

f:id:konsoyage:20190202174032j:plain

前に行った天気が比較的良かった日の写真なことは内緒だ 

 

 

きれいですなぁ。瀬戸内海ってだいぶ狭い海ですけどそれでも何となくの水平線が見えて地球が丸い事を感じられますね。

 

 

f:id:konsoyage:20190202174243j:plain

船がひっきりなしに走ってます。

 

 

f:id:konsoyage:20190202174240j:plain

 

 

展望台からは遠目に沼島が見えますよ。

 

この島も神話の残る島で今も数世帯が漁業を営んでいます。ハモ料理とか有名ですね。灘黒岩水仙郷行く際には近くに港あるのでぜひ沼島まで行って上立神岩を見て欲しい。

 

www.nushima-kimuraya.com

 

 

 

さて絶景を堪能して降りるとまた水仙小僧が現れます。

 

f:id:konsoyage:20190202174924j:plain

おっ

 

f:id:konsoyage:20190202174932j:plain

ちょっと成長して水仙兄さんになってますね。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190202174934j:plain

ちょ、近いよ兄さん

 

 

 

f:id:konsoyage:20190202174937j:plain

ちょ、ちょぉぉっ!!!!!



 

 

 

水仙兄さんはちょっと顔が怖い。

 

 

 

 

 

兄さんが現れるあたりで長いような道のりの水仙郷も終盤。出口にはお土産屋さん兼レストランがあります。

 

 

f:id:konsoyage:20190202175633j:plain

廃墟?いいえお土産屋さんですよ。

 

 

f:id:konsoyage:20190202175638j:plain

国立公園だったんだね

 

 

 

 

 

さ、お土産買って帰るかっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190202175754j:plain

ひょっこり

 

 

 

 

 

 

ややや、あれは・・・

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190202175800j:plain

水仙マンだっ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190202175808j:plain

コマネチ、圧倒的コマネチっ

 

 

 

 

水仙小僧は長くつらい修行を乗り越え水仙マンへと進化したのであった。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190202175812j:plain

さわやかっ強そう!

 

 

 

f:id:konsoyage:20190202175813j:plain

でもやっぱりコマネチ

 

 

 

 

 

 

 

 

うん。

 

 

 

 

 

今年も綺麗だったなぁ水仙

水仙マンはスルー

 

 

 

f:id:konsoyage:20190202180829j:plain

 

 

お土産屋さんには水仙も売ってます。遠方の方は難しいかもしれませんがお近くの方はぜひ水仙お買い求めくださいませ。

 

 

f:id:konsoyage:20190202180831j:plain

 

 

ちなみに鯛めん名物って書いてますけど地元の私が一度も食べたことありません。ていうか2019年になって初めてこの単語知りました。

 

 

 

 

ははっ

 

現金なのは元気な感じでいいじゃないか(´∀`)笑

 

 

 

 

 


 

●灘黒岩水仙

住所:兵庫県南あわじ市灘黒岩2

営業時間:~2019年2月下旬 9:00~17:00(※最終入園は16:30)

入園料:500円

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村