そこにしかない個性。それはオブザイヤー

MuvoTours~仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

始まりの地に残る”パラダイス”はあの日のままに ~ナゾのパラダイス~

f:id:konsoyage:20190206003502j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2019年1月4日

洲本市絵島(車:40分)→世界平和大観音(車:15分)→先山千光寺岩戸神社(車:40分)洲本市

2019年1月5日

洲本市屋島寺(車:2時間)→女木島(車・フェリー:50分)→桃太郎神社(車:20分)→食事処こめや(車:30分)→ゆるぎ岩(車:10分)ゴールドタワー(車:10分)洲本市

2019年1月6日

洲本市灘黒岩水仙(車:40分)→ナゾのパライダイス(車:20分)洲本市

〇移動手段:車・フェリー

〇費用:レンタカー15,000円(ガソリン代込)、高速代往復2,000円(鳴門大橋のみ)、女木島フェリー740円、女木島にて(洞窟・バス)1,000円、食事3,000円(実家での分はノーカウント)、水仙郷500円、謎のパラダイス500円 合計で約24,740円

〇個性:★★★★★ 淡路島が誇る(?)『パラダイス』の始まりの場所

一言紹介:水仙峡と秘宝館がセットになった山間の秘境

===================== 

 

 

パラダイス。―

▷paradise  天国、楽園。非常に楽しい場所

 

 

旧約聖書にもあるアダムとイブが住んだとされる地上の楽園を指すこの言葉と真逆の方向に全力疾走する場所が淡路島にあります。今なお走り続ける素晴らしい場所です。

 

関西における伝説的な番組、探偵ナイトスクープで昭和と平成の狭間に放映され大反響を呼び、『パラダイス』というジャンルが生まれるきっかけになった場所。

 

地元民ながら実は社会人になるまで行ったことありませんでした。

 

今回2回目の訪問。前回は嫌がる友人を連れて行ったためゆっくり見れませんでしたが今回は一人!パラダイスに流れる空気を満喫してきました。

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190206232517j:plain

けっこうな山間にとてもあほそうな看板が出てきます。何の3倍かは知りません。

 

 

f:id:konsoyage:20190206232523j:plain

 ちなみに通り過ぎても引き返してもらう事をあきらめません。元気いっぱいです。

 

 

 

絵に時代を感じさせられますね。かれこれ半世紀近く営業しているそうです。

 

f:id:konsoyage:20190206232716j:plain

 

 

入口ではおばちゃんが一人立って受付してくれます。ここはナゾのパラダイスというB級スポットもありますが立川水仙郷という水仙の群生地も同じ敷地内にあります。

 

珍スポットはけっこう良い価格であることが多いですがここは駐車場込みで300円、ナゾのパラダイスも込々で500円で入場できます。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190206233211j:plain

とりあえず坂がやっばい!w なんでこんな谷底に作ったんや

 

 

前も思いましたがすっごい谷底に施設があるので駐車場までの傾斜がヤバたんです。白鹿権現ほどではありませんが運転初心者の内は辞めた方がよいと思います。選ばれし者しかたどり着けんのや

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190206233658j:plain

 

駐車場にたどり着く前に少し開けた場所に出ます。もうすでに怪しい雰囲気がぷんぷんしてますね。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190206234025j:plain

U・F・O、ゆっふぉ!!

 

 

 

 

UFO神社ってもう名乗ったもん勝ちって感じですね。細かい事置いといて22年ほど淡路在住でしたが一度もUFO見たとか聞いた事なっしんぐです。

 

 

konsoyage.hatenablog.com

 

 

 

UFO神社あるのはよいですがUFOっぽいのはこの文字だけです。

 

 

f:id:konsoyage:20190206234600j:plain

細かい事は気にすんなっ

 

 

 


鳥居の隣には探偵ナイトスクープに紹介された記念の石碑があります。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190206234643j:plain

チンチン音頭・・・

 

 

 

 

はっ・・・((゚д゚)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190206234822j:plain

 

 

 

 う  

 お     

 ぉ  

 ぉ     

 ぉ   

 ぉ  

 ぉ  

     

 |     

  |      

    !!

  

 

 

 

足元のカラフルなオブジェがなんなのか全くさっぱり―にょですがここはかの有名なチンチン音頭の発祥地!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

チンチン音頭とか知りませんよ?

地元出身ですよ。

 

淡路島の方言でチンチンは友達のことだそうですがもしかして友情の歌なのかもしれませんね。珍珍かな。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190207001359j:plain

チンチンいっぱいうれしいな

 

 

f:id:konsoyage:20190206235744j:plain

放送されるたびに石碑作っとるんかいなっ

 

 

f:id:konsoyage:20190207001228j:plain

もともとこういうデザインなのかぶっ壊れたのか。石碑は何も語らない。

 

 

 

 

この広場には頭蓋骨が転がっています。遠目に見るとこんな感じ。

 

 

f:id:konsoyage:20190207001753j:plain

 

近くで見るとこんな感じ。

 

 

f:id:konsoyage:20190207001742j:plain

 

 

腕もあります。時代の先端を行きすぎて誰にも理解されませんがたぶん時代が追いつくこともないんだろうなって思います。私は珍を愛しています。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190206003502j:plain

 

 

ちなみにふざけたUFO神社もあれば真面目な龍神神社もあります。御祭神が何かわかりませんが漁師町なのでたぶんなんかその辺のなんかを願った神社だと思います。

豊漁とか安全とか色々

 

f:id:konsoyage:20190207002119j:plain

f:id:konsoyage:20190207002121j:plain f:id:konsoyage:20190207002126j:plain

 

 

 

 

この広場からさらに下ると立川水仙郷とナゾパラです。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190207002409j:plain

いちいちが昭和を感じてここは時間が止まっているんだなぁってしみじみします。

 

 

f:id:konsoyage:20190207002447j:plain

これがナゾパラ。後で潜入します。

 

 

f:id:konsoyage:20190207002452j:plain

立派な観光地なのだ!

 

 

子連れとか真面目そうなカップルがちらほらいたのですが皆さん目的地はだいたい立川水仙郷のようでした。心が汚れた私はみんなパラダイスへ行くものだと思ってましたので一人でよからぬ妄想してました。

ナゾパラは秘宝館なのだっ

 

f:id:konsoyage:20190207003218j:plain

 

 

f:id:konsoyage:20190207003225j:plain

健康長寿観音っ

 

f:id:konsoyage:20190207003237j:plain

江戸時代の健康十訓戒がありました。

 

f:id:konsoyage:20190207003238j:plain






う~ん真面目なのか不真面目なのかよく分からないスポットですが愛すべき珍スポットが地元にあることはとても喜ばしいです。

 

 

敷地を散策しきった後はついにパラダイスへ足を踏み入れます。

 

 

 

 

 

●ナゾのパライダイス

住所:兵庫県洲本市由良町由良2877−22

営業時間:~2019年2月下旬 9:00~17:00(※最終入園は16:30)

入園料:500円

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村