そこにしかない個性。それはオブザイヤー

【絶景と珍景の旅ブログ】仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

B級スポット短編集 ~大川温泉 磯の湯・栖足寺(カッパ寺)~

f:id:konsoyage:20190226234000j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2019年2月23日

東京23区→大川温泉 磯の湯(車:4時間半)→河津町【見晴らし台・涅槃堂栖足寺(車:40分)→東京23区

〇移動手段:バイク

〇費用:ガソリン代2,000円、食事1,000円/1回、磯の湯500円 合計で約4,500円

===================== 

  

 

昨日の記事からちょっと飛んで先週の旅のご紹介だ。

 

有馬温泉道後温泉と並び日本三大古湯『走り湯』はぜひ見て欲しかったのですが絶望的に写真撮ってなかったのでまた撮り直してきます・・

※走り湯は浸かれる温泉じゃないので入浴に行ってはいけない。茹で上がるぞ

 

f:id:konsoyage:20190226234455j:plain f:id:konsoyage:20190226234456j:plain

これだけ。あと野良猫ばっか撮ってました。

 

 

 

 

ちなみに先週は今年のバイク初乗りでした。ぜひおめでとうって言って欲しい。

 

 

 

 

 

その① 大川温泉 磯の湯

一言紹介:海辺で浸かる伊豆のにごり湯温泉

f:id:konsoyage:20190226235223j:plain

 

地方旅してるとたまに川原や浜辺に温泉あります。川原にある温泉はだいたい色んなものが丸見えですね。色んなものがね。

 

伊豆のさきっちょにある磯の湯はしっかりと囲いがある安心設計。美しいマリンブルーが眼下に広がる太平洋の前で温泉に浸かるってなんて贅沢なんでしょう。

 

日本に生まれて良かったなぁぁって思えます。

走ってるとたまたま目に入ったので長時間運転の疲れを取るべく入浴してきました。

 

 

f:id:konsoyage:20190226235646j:plain

国道の脇道をゆく

 

f:id:konsoyage:20190226235718j:plain

一瞬にして頭で?が大量発生なうです。

 

f:id:konsoyage:20190226235834j:plain

なぁ・・入口ここ?

 

f:id:konsoyage:20190226235839j:plain

悔しいかなしっかりとした道がありました。

 

 

 

 

 

 

もうこの道にワクワクが止まりません。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190226235845j:plain

うっひょいっ

 

f:id:konsoyage:20190226235848j:plain

見えてきた!

 

 

f:id:konsoyage:20190226235850j:plain

トンネルと抜けるとそこは・・

 

f:id:konsoyage:20190226235854j:plain

そこは・・!

 

 

 

 

 

 

 

 



f:id:konsoyage:20190226235858j:plain

 

 

 

 

真っ青なオーシャンっヽ(・∀・)ノ!!

いえいっ

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190227001226j:plain

左見て、うむ絶景絶景っ

 

 

f:id:konsoyage:20190227001231j:plain

右見て、うむ掘っ立て小屋っ

 

 

f:id:konsoyage:20190227001236j:plain

 

 

 

 

 

すぐにインして暖まってきました。

春の気配がするといっても朝方はちょー寒いですからね。

 

 

 

 

 

 

ん?

 

あぁ温泉?

 

 

 

 

柵?がしっかりしているのでお湯の中からは太平洋は見えないよ。ずこーー_(:3 」∠)

 

 

 

別にB級スポットでもないですが行き方がB級で素晴らしかった。ちなみに立ち上がったら寒いですけど見えます。

 

 

次行ってみよう。

 

 

 

住所:静岡県賀茂郡東伊豆町大川

営業時間:11:00~16:30(7,8月は20:00まで)

料金:500円

定休日:年中無休、荒天休

 

 

 

 

 

 

 

その② 栖足寺(カッパ寺)

一言紹介:カッパが鎮座する伊豆のお寺。

f:id:konsoyage:20190227002520j:plain

 

kappa.live

 

 

 

目的地に向かって旅路を進めていくのも楽しいですが、やはり旅の醍醐味は知らなかった場所や人に意図せず出会うことだと思う。

 

河津で桜を見る!以外なんも決めずに出かけたわけですが河津町について町を散策してたらB級感漂うお寺を見つけました。B級は褒め言葉です。悪しからず

 

 

浅草の曹源寺のように治水工事を手伝ってくれたカッパを祀っているというわけではなく、昔和尚さんが助けてあげたカッパがお礼に河童の甕を持ってきたとの伝承からカッパ寺となっています。

 

 

ちなみにカッパはいたずらしまくった挙句、里の人々にシメられていたのでどちらかというと自業自得っぽいです。和尚さん優しい。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190227003339j:plain

境内入っていくと早速いますね

 

f:id:konsoyage:20190227003349j:plain

妙に人間ぽいカッパですね

 

f:id:konsoyage:20190227003608j:plain

察するに川から出てきているカッパなのでしょうが・・

 

f:id:konsoyage:20190227003612j:plain

もう溺れているようにしか見えません。怖いよ・・

 

f:id:konsoyage:20190227004437j:plain

備えられた大量のきゅうり

 

f:id:konsoyage:20190227004442j:plain

カッパ氏ご満悦

 

 

ちなみにこのきゅうりたちは『きゅうり封じ』という救世利民・病気平癒の秘法です。水分たっぷりのきゅうりを人に見立て禍や病をきゅうりに閉じ込めようという力技で全国の寺院で行われているそうです。

 

かっぱにただただ捧げているわけではなかったんですね。

ちなみに全国津々浦々旅してますがきゅうり封じは初めて見ました。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190227003401j:plain

 

 

 

里の人々にシメられていたところを助けられたカッパは後に甕を持ってきます。この甕の中には川のせせらぎを閉じ込めており耳を近づけると穏やかな音が聞こえるそうです。

 

今でも大切に栖足寺に保管されていて実際に拝聴体験もできますが桜祭りの間は中止しているようです。人が多すぎてかな?料金とって設けてくれればいいのにとも思いますがまた伊豆走りに来た際に拝聴したいと思います。

 

 

 

ちなみに他にも境内にはカッパ達がいます。

 

 

f:id:konsoyage:20190227004022j:plain

かわいいねぇ

 

f:id:konsoyage:20190227004026j:plain

かわいくないねぇ

 

 

f:id:konsoyage:20190227004034j:plain

 

美しい花の前でふんぞり返っている奴や、

 

 

f:id:konsoyage:20190227004039j:plain

 

 

なんか優雅に釣りしているやつもいます。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190227004049j:plain

 

めっちゃドヤ顔で釣りしているのんきなこのカッパ氏がお気に入りです。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190227004100j:plain




伊豆八十八箇所霊場の第三十五番札所。

B級スポットとか言いましたけど由緒正しきお寺です。

 

 

 

 

住所:静岡県賀茂郡河津町谷津256

営業時間:- ※拝聴体験等はHPより直接お問い合わせください。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村