そこにしかない個性。それはオブザイヤー

【絶景と珍景の旅ブログ】仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

遠い思い出のような、そんな光景 ~山高神代桜~

f:id:konsoyage:20190512220429j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2019年4月6日:

東京都23区新倉浅間公園(バイク:3時間半)山高神代桜(バイク:1時間半)佐久市(バイク:1時間半)

2019年4月7日:

佐久市釈尊寺(布引観音)(バイク:30分)鬼押出し(バイク:1時間)→洞窟観音(バイク:1時間半)→東京都23区(バイク:3時間)

〇移動手段:バイク

〇費用:ガソリン代3,000円、鬼押出し園650円、洞窟観音600円、食事5回×1,000円/回、ネットカフェ2,200円 合計で約11,450円

〇個性:★★★★★ 日本最古のエドヒガンザクラ

一言紹介:樹齢2千年の日本三大桜です。

===================== 

 

 

GW振り返る前に平成最後の桜旅を振り返りたいと思う。

 

会社と家の往復で見る桜がけっこうな規模で咲いているのでそれで満足しがちですが私は毎年どこかしらの名所に行くようにしています。

 

今年どうしても行きたかったのは山梨の『山高神代桜。日本三大桜の一つですね。(あと二つは岐阜の淡墨桜と福島の三春滝桜

 

樹齢2千年とも言われる日本最古のエドヒガンザクラで、日本書記等で描かれている伝説では日本武尊が朝廷の勢力を東へ拡大(東征)する際に甲斐国に立ち寄って植えたんだとか。

 

 

実は2017年のGWの折にチラ見してきたんですが当然のことながら葉桜。しかし葉桜ながらも千年以上の歴史を刻み込んだその存在感は見るものをただ圧倒する覇気を醸し題していました。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512222156j:plain

2017年時。周りには誰もいない感じ

 

 

あまり知られていませんが国指定天然記念物第一号はこちらの山高神代桜

 

認定された時からはだいぶ樹勢も衰えてきていますが、地面を固めすぎないよう近くの道路を迂回させたり、懸命な治療が施されたりして今でも美しい花を咲かせています。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512223001j:plain

いや~咲いている時が楽しみだなぁ

 

 

 

ちなみに同日に新倉浅間公園と高遠城址公園も合わせていこうと思いましたが神代桜に時期を合わせた結果ともに時期尚早で咲いてませんでした。_(:3 」∠)

直接神代桜向かえば良かった・・

 

 

 

4月頭だと浅間公園こんな感じだよ

 

f:id:konsoyage:20190512223251j:plain

いやまぁ絶景やけど・・

 

 

 

 

 

 

 

さて気を取り直して行ってみよう。

 

 

f:id:konsoyage:20190512223353j:plain

周りはなんもないよ

 

 

f:id:konsoyage:20190512223350j:plain

咲いている時だけ来るなんて薄情なやつらめ

 

 

 

葉桜の時に行った感覚で訪れると人の多さにドン引きしました。笑

ただ周りになんもないがゆえに渋滞でイライラするほどではありませんので車で行っても大丈夫だと思います。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512223653j:plain

お祭り騒ぎ

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512223648j:plain

絶対美味しいやつ

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512223650j:plain

遊ばれてるやつ



 

神代桜は実相寺というお寺内にあります。桜を見に来たわけですがこのお寺桜以外にもたくさんの花を植えてあって前回来た時には気づかなかった光景が広がっていました。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512224055j:plain

水仙の宝石箱やぁ~

 

 

f:id:konsoyage:20190512224100j:plain

南アルプスを背景にここはじゃぱにーず桃源郷

 

 

 

 

一瞬自分が極楽へ行ったのか錯覚するくらい絶景です。

心の準備する前に絶景が飛び出してくるとは・・(*´∀`)コマルナァ

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512224410j:plain

 

 

境内入ればいいのにみんな塀越しに眺めていました。笑

 

 

 

 

 

さて入口はこんな感じ。

 

 

f:id:konsoyage:20190512224521j:plain

人人人人ぉぉぉ

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512224528j:plain

ほんの1ヶ月たったらこんな感じに誰もいません。笑

 

 

 

 

 

入ってすぐ右手に巨大なしだれ桜があります。

 

 

f:id:konsoyage:20190512224707j:plain

 

 

 

 

葉桜の時期と比べながら見ると面白いですね。

 

f:id:konsoyage:20190512224712j:plain

4月末は誰もいないぞ。

 

 

 

 

神代桜の存在知らなければもうそれだけで満足してしまいそうですね。神代桜は門越えてまっすぐ進んで突き当たりを左手に進むと堂々と佇んでいます。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512225043j:plain

やっぱり水仙綺麗。

 

 

f:id:konsoyage:20190512225049j:plain

名言現る

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512225054j:plain

思いがけず淡墨桜の子孫?に出会いました。淡墨氏に宜しくな

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512225255j:plain

ほっほぉぅヽ(*´∀`)ノ

 

 

 

 

 

 

出会いは突然に。

 

 

 

 

 

 

2年前に出会ってから咲いている姿を見にまた来ると約束した神代桜にとうとう感動の再会です。翌年に行けよって声は聞こえません。(∩゜д゜)アーアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざっ!

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512225300j:plain

逆光ぉぅッ

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512220716j:plain

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

思わず息を呑むような絶景。

 

 

2千年の時を越えて咲き誇る姿は綺麗とかそういう感想は出てこずただずっと眺めていたくなる光景でした。

 

 

なんだか懐かしいような遠い思い出を見ているような、目だけでなく体全体でその存在を感じる、そんな感じ。言葉にできないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく見つめていたらやっぱりいっぱい写真撮りたくなりますね。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190512230406j:plain

石碑があったり

 

 

f:id:konsoyage:20190512230411j:plain

ポップにしてみたり

 

 

f:id:konsoyage:20190512230421j:plain

桜の周りはこんな感じのオーディエンスたち

 

 

f:id:konsoyage:20190512230430j:plain

木の事はよくわかんないですけど満身創痍感感じる

 

 

 

 

かなりの高齢なのでいつ枯れてもおかしくない神代桜

 

今でもいろんな方々が環境整備に尽力されているそうですね。

人のエゴかもしれないけどこれからも永く綺麗な花を咲かせて欲しいなって思いました。

 

 

 

 

 

 

境内では桜だけでなく入口で栽培していた水仙とかも販売してますのでお車でお越しの際はぜひお買い求め下さいませ。

 

 

私はバイクなのでとりあえずこの綺麗なジャム買ってみました。

 

 

f:id:konsoyage:20190512231152j:plain

ジャムってか水飴だなこれ・・ボソッ

 

 

 

 

この後、長野県伊那市高遠城址公園行ったんですけど見事に咲いてなくて平成最後の桜旅は1勝3敗。

 

 

 

そのまま帰るのが癪なので何の準備もしていないのに群馬目指して長距離ドライブモードに突入します。

 

 

 

 


●山高神代桜

住所: 山梨県北杜市武川町山高2763

営業時間:- 

参考URL:

山高神代桜 | ほくとナビ

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村