そこにしかない個性。それはオブザイヤー

【絶景と珍景の旅ブログ】仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

竜宮伝説残る絶景の岬は鹿児島県の先っぽに ~長崎鼻~

f:id:konsoyage:20200202003018j:plain

〇個性:★★★★☆ 海辺に聳える薩摩富士!

一言紹介:浦島伝説残る鹿児島県の先っぽ。

 にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

鹿児島県にある岬、長崎鼻薩摩半島の最南端にあるその岬は、長く先(崎)が伸びた鼻という意味を込めてそう呼ばれます。

 

 

 

『長く伸びた』は分かる。

 

 

 

『鼻』はどっから来た。

 

 

そんな疑問には答えてくれない長崎鼻、こんなに遠くまで来る事そうそうないので寄ってきました。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200203002653j:plain

お土産屋さんが寂れてない景勝地はだいたい外れ無し

 

 

有料駐車場に車を停めて岬までは10分かからないくらい歩きます。

 

 

f:id:konsoyage:20200203003910j:plain

 

ナニコレ珍百景に紹介された場所。嫁さんの機嫌はすでに直っているそうですが有名になって味をしめたみたいで嫁さんは永遠に機嫌が悪いままです。

中国語で作る必要あんのかこれ?

 

f:id:konsoyage:20200203003913j:plain

あくまで営業中。嫁さんらしき人はいませんでした。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200203004238j:plain

君はいくつ分かるか鹿児島弁。残念ながら私は一つも分かりません。

 

 

 

 

 

 

 

適宜ツッコミながら歩いていくとこんなのぼりが出ていました。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200202003754j:plain

 夢と願いは浦島太郎が叶えてくれるそうです。

 

 

事前知識なく向かったので初めて知りましたが、ここ長崎鼻はかの有名な浦島太郎が竜宮城へ旅立った岬と伝説が残ります。別名、竜宮鼻。やっぱり鼻はつくんですね。

 

浦島伝説漂う岬らしく時期になるとウミガメが産卵にやってくるそうですよ。太郎を竜宮へ連れて行ったと言われるタイマイではなくて、だいたいアカウミガメだそうです。

 

 

 

↓ウミガメの種類がほんわかぱっぱのあなた。再度学ぶヨロシィヨ。

konsoyage.hatenablog.com

 

 

f:id:konsoyage:20200202003804j:plain

あくまで浦島太郎推しです。 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200203010808j:plain

太郎さんいました。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200203010852j:plain

 

どういう理屈か分かりませんが、男性は左側から、女性は右側から2回周って亀を撫でたら願いが叶うそうです。

 

 

 

人の願い叶えてる暇あったら老化した自分をなんとかしてあげてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200202003810j:plain

 

 

 

 

さて長崎鼻に向かって右側には別名、薩摩富士と呼ばれる開聞岳。ほんのり雲がかかってましたがとてもきれいな三角形ですね。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200202003817j:plain

 

 

遮るものが何もなく、紺碧の海と水色の空に絶大なる存在感を発揮しています。

 

 

f:id:konsoyage:20200203005545j:plain

 

 

こういう一面真っ青な絶景は赤色を入れるとメリハリが効いてより良きショットになるよ。

 

 

f:id:konsoyage:20200203005552j:plain

山頂の雲をぴょいって上にやりたい!

 

 

f:id:konsoyage:20200203005622j:plain

 

いやはや何枚でも撮ってしまいますね。(´ω` )

ずっと雲がなくなるの待ってましたけど一向になくならないので諦めました。

 

ちなみに開聞岳の麓は春になると菜の花が咲き誇ります。たぶん春夏秋冬で顔が変わるので開聞岳目当てに薩摩半島に来てもいいくらい素敵な火山ですね。登山も出来ます。

 

 

www.ibusuki.or.jp

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200202003823j:plain

 

 

開聞岳堪能したら先っちょへ。景勝地らしく長崎鼻の先っちょには青い空に良く似合う真っ白な灯台があります。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200203013000j:plain

 

残念ながら中には入れませんので登れませんが映えるスポットとしての長崎鼻には欠かせない存在ですね。

 

こちらの灯台日本ロマンチスト協会という謎の組織によって恋する灯台に鹿児島県で初めて認定されたそうです。

 

 

romance-toudai.uminohi.jp

 

 

荒波を越えるための指針となる灯台を二人の関係の未来を照らす指針に掛けたプロジェクト、それが恋する灯台

 

灯台ってだいたい崖っぷちに立ってるから恋する灯台に集うカップルの未来はたぶんぷ・・[灯台]c彡☆))Д´) パーン

 

 

 

f:id:konsoyage:20200203014223j:plain

看板ベッキョベキョ

 

 

灯台の裏側は階段があって下まで降りられます。

辺り一帯溶岩で出来た岩場でごつごつしてる感じですね。

 

 

f:id:konsoyage:20200203014401j:plain

 

 

f:id:konsoyage:20200203014406j:plain

溶岩の砂?

 

 

 

この日はほんのりもやがかかって見えませんでしたが、日によっては屋久島まで見通せるそうですよ。

風光明媚な南国情緒あふれる良き景色。

 

 

 

缶コーヒー片手にいつまでも浸っていたい絶景ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200202003837j:plain

 

 

さて、旅人を名乗っておきながらお恥ずかしいのですが実は長崎鼻開聞岳もこの時初めて知りました。_(:3 」∠)_

 

隣に龍宮神社ってあるんですけどそこに行くついでに寄ったわけですがガッツリ絶景、なんならS級スポット!

 

 

やはり日本にはまだ見ぬ絶景が広がってますね。

 

 

 

この後龍宮神社行くよっ


 

 

 

2019年10月18日訪問

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村 

 
長崎鼻

住所:鹿児島県指宿市山川岡児ケ水長崎鼻

時間:-

参考URL:長崎鼻 ~ながさきばな~ | いぶすき観光ネット