そこにしかない個性。それはオブザイヤー

MuvoTours~仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記ですという訳ですな。

コブダイのこぶには愛情が詰まっている。と思う。 ~よしうみいきいき館~

f:id:konsoyage:20181102213659j:plain


B級スポット・珍スポットランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2018年10月13日

成田空港 → 高松空港ジェットスター:1時間半)¥6.500 伊尾木洞(車:3時間)≪車中泊

2018年10月14日

伊尾木洞  桂浜(車:1時間) → ゆず庵(車:20分)→ 遊子水ヶ浦段々畑(車:3時間) → 道後温泉(車:2時間半) ≪松山ネットカフェ≫

2018年10月15日

松山ネットカフェ → 道の駅よしうみ いきいき館(車:1時間)→ 阿伏兎観音(車:1時間) → 根香寺(車:2時間)→ 高松空港(車:40分) → 成田空港 ¥6,500

 

〇移動手段LCC、車

〇費用

ニコニコレンタカー(ガソリン込み)13,000円、ゆず庵約1,600円、高速代約5,000円、LCC往復13,000円、成田空港まで往復約3,000円、ネットカフェ1,600円/1泊、その他食事1,000円/回 合計で約43,200円

〇個性:★☆☆☆☆ いたって普通の漁港の道の駅です。

〇気持ち:コブダイかわゆす(*´ω`*)

===================== 

 

 

ただひたすらに車運転して松山市まで来ました。

 

ちょうど閉まる時間なんで入れませんでしたけど道後温泉とりあえず写メっと来ました。(最近写メるって伝わらないんですね。会社の新人に?な顔されました。)

 

f:id:konsoyage:20181102213804j:plain

いや~どう撮っても絵になるなぁ

 

 

日本最古なのかな?松山市のど真ん中にある道後温泉の歴史は3,000年!と言われてます。(本館ができたのは1894年)見学は出来るけど天皇陛下しか入れない湯舟とかもあって松山行ったら必ず立ち寄りたい場所ですね。

 

ほんまか嘘かわかりませんが聖徳太子とかも入ったそうです。

 

すぐ近くに道後ランドみたいな名前の風俗店があるんですけど、個人的には歴史的建築物と俗物が混じっている感じ風景がとても良きに感じます。

上っ面の清廉潔白な歴史教科書の方が嫌いなのだ

 

 

f:id:konsoyage:20181102214713j:plain

 

 

 

さ、運転疲れたしさっさと寝に行くか。

 

私以外に客がいないのじゃないだろうかというネットカフェで一晩過ごします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(・ω・) (・ω) (  ) (ω・) (・∀・)🌞 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、朝になりました。

じゃ、広島行くかな。松山から愛媛の先っぽの今治までざっくり1時間ですね。

 

な~んかせっかく海辺の町に来たので漁港によって海鮮食べてからしまなみ海道渡りたいと思ったので橋わたってすぐの大島で一度降りることにします。

 

調べるとよしうみいきいき館というのがあったのでここを目的地に!

む、無計画じゃなくて、行き当たりばったりの旅行が好きなんだ!

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102220101j:plain

橋っ!晴天っ!嬉しいっっ(・∀・)

 

 

 

瀬戸内生まれを執拗にアピールしている私ですがしまなみ海道渡るのは記憶にある限りは初めてです。そして瀬戸大橋も初めてだ。ははは。

 

サイクリングの聖地?になるのも納得ですね。本当に気持ちいいのでいつか歩いてでも自転車でも渡ってみたいなぁと思いました。大阪勤務になったらそうしようと思う。

 

 

f:id:konsoyage:20181102220433j:plain

車内より。風光明媚ぃーにょ

 

 

 

しまなみ海道入って20分かからんくらい。これがよしうみいきいき館。ちなみに地名が吉海町なのでよしうみいきいき館。

 

 

f:id:konsoyage:20181102220543j:plain

 

 

個人的にあてにしてない、使い方わからない旅サイトオブザイヤーのトリッ●アドバイザーから受賞受けてるそうです。あくまで個人の感想だ。悪しからず。

 

www.imabari-shimanami.jp

 

 

 

トリッ●アドバイザーディスりましたが受賞する理由は非常によくわかります。

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102221141j:plain

そう

 

f:id:konsoyage:20181102221144j:plain

絶景なのだ

 

 

建物のすぐ前には海、絶景が広がります。晴天の時はもう半日くらいずっと見ていられる絶景です。きれいな景色ってずっーーと見てられるのは人のDNAに何か組み込まれているからなのだろうか。

逆光のせいで暗く見えるのは私の腕の悪さが原因だ。

 

 

 

平日なので人がかなり少ないですがちらほらとサイクリング楽しんでいる人とじぃちゃんばぁちゃんが談笑しています。ここは食材買ってその場で焼いて食べられるのも特徴ですね。

 

 

 

いろんな海鮮売ってました。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102221425j:plain

あわびとか美味しいと感じられたらもっと人生楽しめるのだろうか

 

 

f:id:konsoyage:20181102221430j:plain

エビのフォルム好きです。

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102221434j:plain

明石タコ🐙有名ですが瀬戸内タコと改名すべきだと思います。

 

 

 

 

 

しまなみ海道の景色に感動はしましたがそれだけだと適当に話を膨らます私でも記事書けないなぁと思っていたのですが、、

 

 

 

このタコの浮いている水槽に素敵な奴がいました。

こいつをぜひ見に行ってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102222058j:plain

そう、こいつ

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102222148j:plain

優雅に水槽泳いで・・

 

 

f:id:konsoyage:20181102222153j:plain

はい、こんにちわ。(こ、こんにちわ・・)

 

 

 

 

 

 

 

鯛って水面から顔出す魚でしたっけ?

鯉なの?

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102223023j:plain

たぶんこれが清く正しき鯛

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102222420j:plain

 

 

この子の名前はコロちゃん。コブダイの仲間だそうです。

コブダイって確かに目が他の魚と違いますが人慣れする魚なんでしょうか。

 

千葉県房総半島のコブダイ頼子さんもダイバーじいちゃんと仲良しで一時ネットで話題になってましたね。↓

波左間海中公園 館山ダイビングサービスのマンボウとコブダイ | 房総タウン.com

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102223150j:plain

空気美味いわぁ

 

 

f:id:konsoyage:20181102223153j:plain

魚もストレスたまって大変なんや

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102223709j:plain

あぁなんや自分?ゴラァ

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102223349j:plain

噛むぞわれぇ!!!

 

 

 

 

 

うひょぉ・・・

 

コブダイってさざえとかの巻貝ばりばり砕いて食べるので噛まれたら結構シャレにならんので気を付けてくださいね。

 

 

 

 

一人で早朝で仕事のトラブル電話が入ってて変なテンションになっていたせいか人知れず爆笑してました。なんやこいつ。

トラブルは出社しているやつに丸投げしました。そう今日は休みなのだ。

 

 

 

 

ひとしきり見学した後はとなりのご飯屋さんで海鮮お召し上がりました。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102223924j:plain

貸切やね。平日だしな

 

 

f:id:konsoyage:20181102223929j:plain

こういう絵が描けるようになりたい。

 

 

 

f:id:konsoyage:20181102224040j:plain

さしみ定食にしました。

 

 

 

 

●よしうみ いきいき館

住所:愛媛県今治市吉海町名4520−2

時間:9:00~17:00 ※レストランは10:00~16:00

 

 

B級スポット・珍スポットランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村