そこにしかない個性。それはオブザイヤー

【絶景と珍景の旅ブログ】仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

縄文人の生活残る霧島山系パワースポット  ~溝の口洞穴~

f:id:konsoyage:20191007221508j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2019年7月12日:

宮崎空港青島神社(車:30分)→鵜戸神宮(車:30分)→都井岬(車:1時間半)鹿屋市

2019年7月13日:

鹿屋市→坂元醸造所黒酢情報館(車:1時間)→長命ヘルシン醸造所(車:30分)戦史館(車:5分)→溝の口洞穴(車:1時間)→関之尾滝(車:10分)宮崎市(車:1時間)

2019年7月14日:

宮崎市高鍋大師(車:1時間)宮崎空港(車:1時間)

〇移動手段:レンタカー

〇費用:レンタカー代9,760円、食事1,000円/回×8、ガソリン代約5,000円、都井岬入場料500円、都井岬ビジターセンター310円、戦史館500円、ネットカフェ2泊約4,000円 合計で約28,070円(+遠方の方は飛行機代)

〇個性:★★★☆☆ 吹き抜けパイプが珍しいパワースポット

一言紹介:山奥にひっそりと広がる厳かな洞窟です。

===================== 

 

 

戦史館でけっこういい時間過ごしてしまったので押し気味のタイムスケジュール。鹿児島に来たけど温泉諦めて洞窟行こって思いました。

デート中にそんなこと言ったら振られるから注意だぞっ☆(ゝω・)v

 

けっこうな山奥にあったので若干後悔しかけましたが全国各地の洞窟見て歩いてる私から見てもいい雰囲気な洞窟だったので空き時間出来たら、ていうか時間作ってさくっと見に行って欲しい。

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007224400j:plain

ぽっつーん

 

 

木々の迫る舗装された、一部ぼっこぼこの道を進んでいくとトイレが急に現れます。車で行けるのはここまで!とはいっても洞窟はすぐ、歩き出そう!

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007224634j:plain

すぐ現れる鳥居

 

 

どんな山奥でも鳥居が現れると何かがいるように感じるのは日本人だからでしょうか。当時はぽつぽつ雨降っていたのですが雨音以外は何にも聞こえない不思議な感じのする場所でした。

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007224641j:plain

 

 

洞窟まで歩いて2分くらいかな。

 

ここは溝の口洞窟。近くの姶良(あいら)カルデラから噴出した火砕流が数万年前に固まって出来たそうです。縄文人が住んでいた痕跡も残っているそうな。

 

ここに至るまで周りに集落や町はありませんでしたが田んぼはあったので比較的近くに人は住んでいるんだろうなって思います。

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007225326j:plain

 

 

 

洞窟前にはきれいな水が流れていました。

何気ない田舎の小川見て日本て水の国だなぁってつくづく思います。

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007225338j:plain

全国的にも大規模な洞窟だそうです。実際行くと画像で見るより大きく感じられました。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007225541j:plain

中から撮った画像ですけど普通のビニール傘より一回り小さい折り畳みと比較

 

 

 

 

初めに出てきた鳥居がきれいな事に気づいた鋭い方もいるかと思います。

 

毎年4/8のお釈迦様の誕生日に近い日曜日にはこの辺りの郷土文化の『奴踊り』が開催されるそうで定期的に整備されているようですね。

 

 

 

www.pref.kagoshima.jp

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007230113j:plain

 

 

入口の観音様に一礼して早速洞窟へinしたいと思います。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007230117j:plain

なんと懐中電灯完備の親切設計!ここは観光地なのです。
 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007230320j:plain

誰もいなかったので二刀流で入ってみました。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007230354j:plain

 

薄暗い中で赤い文字出てくると『ひぃッ』てなりますよね。他にもばかでっけぇゲジゲジやこちらを狙ってうずうずしてそうなコウモリがいっぱい居ました。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007230402j:plain

 

この洞窟の特徴の一つがこれですね。吹き抜けパイプと呼ばれる堆積した火砕流に含まれていた火山ガスが噴き出してできた穴だそうです。

 

この洞窟に307個確認されているそうですが多数綺麗な状態で観察できるのは極めて珍しい事なんだそうです。ほぇ~って眺めてました。

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007231349j:plain

 

 

1,2分歩くと立ち入り禁止の札が。

 

行き止まりという訳ではなくてこの先もずっと続いてましたが崩落の危険があって探索はここまで。懐中電灯で照らしても奥まで見え切らない暗闇が続いていたのでこちらを見つめてくるコウモリと相まってゾクッとしました。

 

昔はこの洞窟に犬が入り込んだら高千穂から出てきたという伝説があるくらいなので中は結構地底へと続いているのやもしれません。

(高千穂って結構遠いです。どうやって出てきたか確認したのかは内緒だ。察しろ)

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007231734j:plain

 

電気を消して振り返る。光があるって素敵。光に向かって進むのが良い人生だってカイジが昔言ってましたね。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007231855j:plain

もう少し・・

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007231903j:plain

洞窟から抜け出した探検隊ごっこ。30秒足らずで終了

 

 

 

f:id:konsoyage:20191007231907j:plain

 

 

 

う~ん、外から見るより中から鳥居を見る方が絶景だな。笑

 

 

 

観音様にお賽銭納めて次の目的地へ向かいます。

 

 

 

溝の口洞穴

住所:鹿児島県曽於市財部町下財部4907

時間:-(夜はたぶん怖いよ)

参考URL:溝ノ口洞穴|観光スポット|鹿児島県観光サイト/かごしまの旅

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村