そこにしかない個性。それはオブザイヤー

MuvoTours~仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記ですという訳ですな。

絵画と浮世の境目!モネの池は実在する。-

f:id:konsoyage:20180530230138j:plain


全般ランキング


B級スポット・珍スポットランキング

=====================

2018年5月25-26日

名古屋駅→(2時間)→名もなき池→(40分)→古井の天狗山→(30分)→桃太郎神社→(1時間10分)→名古屋駅

〇移動手段:レンタカー(下道)

〇費用:食事(1,000円/回)・ガソリン代900円・レンタカー代4500円

合計で約6,900円くらい

〇個性:★★★★★ 自然と人が作り出した傑作品!!

〇楽しさ:★★★★★ 異世界に迷い込む絶景。 

=====================

 

2018年5月26日、この日名古屋出張。

終わらぬ仕事に、通信制限かかるイオンモバイル。

 

 

 

(´・ω・`)

 

 

 

20:00。そう、この日はプレミアムフライデーだ。

 

 

 

もういいだろう。やめよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

旅に出よう。-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にゃはは。

 

車借りてきました。笑

 

 

余談ですが、普段ニコニコレンタカー使いなんですけど今回初めてJネットレンタカーとやらを使ってみました。結構安いです。

 

www.j-netrentacar.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

せっかく名古屋に来たんだ。ずっとずっと行きたかった、ざ・珍スポット桃太郎神社に行こう。

 

モネの池を見よう。

 

そう思って夜中に旅立ちます。

(ゆっくりすればいいんでしょうが今回はモネの池の近くまで行って車中泊して朝イチに行きます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM7:15頃起床。(朝・・イチ?)

 

向かいます。名もなきモネの池。※朝弱いのでそんなに早く起きれません。。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180602141747j:plain

こんな感じの道をグングン進んでいきます。のどかないい場所。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180602141839j:plain

 着きました。

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180602141927j:plain

 

駐車場はこんな感じです。比較的早めだったからかまだ車止められましたが8時になるともう満杯。土日だったからか誘導員の方もいらっしゃって車誘導していました。こんな山ん中なのにたくさん人が来るとは。

 

やるな名もなきモネの池!

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに上記の写真左真ん中の建物の前にのぼりが見えますでしょうか。

 

 

 

 

 

名古屋にはモーニング文化があります。

 

 

www.jalan.net

なんだよモーニングの聖地って。

 

 

 

 

 

 

岐阜県にもその文化は存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、岐阜県と言えば、

 

 

 

f:id:konsoyage:20180602142820j:plain

 

 

 

 

 

 

モーネングですね。

 

 

 

 

 

お店開いてないから入りませんけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して名もなき池に向かいます。写真の駐車場から歩いて5分くらいですね。根道神社というところの入り口にあります。

 

f:id:konsoyage:20180602142947j:plain

 

駐車場からみたらこんな感じ。護摩木?を焚いてました。田舎の煙ってなんであんないいにおいするんでしょうね。(僕だけ?)

 

 

f:id:konsoyage:20180602143318j:plain

 

人がわらわらと集まって写真撮ってます。まだ8時にもなってないぜ?早いヨ・・・

 

 

 

 

 

名もなき池、モネの池(高知にもある)。正直ネットで今まで見てて思ってたのは『うまいこと加工してるなぁ~』でした。

 

 

 

 

 

確かにきれいけど実際に見たらちょっとがっかりするかもな。そんな風に思ってました。あんなに繊細なうっすらとした緑色が自然に出るわけないじゃんと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180602143846j:plain

 

 

 

え、

 

 

 

f:id:konsoyage:20180602144024j:plain

 

えええ、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

 

 

 

実在するやん。

 

 

 

 

 

ちなみに僕はカメラの撮り方とかもろもろの技術全くナッシングです。

後から見返しても肉眼で見たものと全く同じ光景。この池すごい。本当にきれい。

 

 

 

 

 

 

S級スポット

 

 

 

 

 

認定します。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180602144558j:plain

 

f:id:konsoyage:20180602144604j:plain

 

f:id:konsoyage:20180602144617j:plain

加工とか一切なし!

 

 

 

 

本当にため息のでるようなきれいな景色。ずっと見ていると自分が絵画の中に入り込んだようなそんな錯覚をします。

 

浮世と絵画のはざまにただただずっと立ちすくんでました。きっと他の人も同じ感覚だったのかと思います。

 

この池はもともとは湧水がたまっていただけの場所。そこに地元の方々が水草を植えたり鯉を離したりしたそうです。

(※生物がいない所ならいいでしょうけど自然の川とかにそこに生息していない生物を離すのはだめですよ。)

 

 

f:id:konsoyage:20180602145109j:plain

 

確かに湧水がとても澄んでいて美しく、底の砂利に青みがかって繊細な色が出ているんだな。意図していたかは定かではありませんが水草の感覚とかも絶妙です。本当に自然と人の調和が生み出した傑作品ですね。

 

 

 

 

ちなみに画像に橋がありますがその端側から見るとこんな感じ。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180602145628j:plain

 

まぁきれいですけど光の当たり具合とか影的にやっぱり逆側から見るのがいいですね。

上の写真の左側にはスイレンが植えられています。ここは山の中で日が当たって温度が上がるのが遅いとのことでスイレンが咲きだすのは昼前からなんだそうです。

 

僕は人が多いのが嫌なので朝に来ましたが花まで見た方はぜひ初夏のお昼に来てみてください。ちなみにツイッターのフォロワーさんから夕方も幻想的できれいな景色が見えますよ!と情報いただきました。

 

次回来るときは夕暮れの逢魔が時に来ようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モネの幻想的な世界観が覚めやらぬままですが、近くにフラワーパークがあったので散策してきました。

 

 

f:id:konsoyage:20180602150123j:plain

なぜ?なぜ食べないで10日もかけて炭にしたの?

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180602150444j:plain

なに?なんなのモネ味って

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180602150610j:plain

もねえーど。・・・どこで話題なの?

 

 

 

 

 

 

 

S級スポットながらもB級スポット、さもすればC級スポット並みの悪ふざけ。

この場所、奥が深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20180602152023j:plain

 

 

 

ぐっどもーねんぐ!!👋

 

 

 

 

 

 

 

●名もなき池

住所: 岐阜県関市板取441

料金:無料

時間:無し

 


全般ランキング


B級スポット・珍スポットランキング