そこにしかない個性。それはオブザイヤー

MuvoTours~仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

始まりの地に残る”パラダイス”はあの日のままに② ~ナゾのパラダイス~

f:id:konsoyage:20190210133642j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2019年1月4日

洲本市絵島(車:40分)→世界平和大観音(車:15分)→先山千光寺岩戸神社(車:40分)洲本市

2019年1月5日

洲本市屋島寺(車:2時間)→女木島(車・フェリー:50分)→桃太郎神社(車:20分)→食事処こめや(車:30分)→ゆるぎ岩(車:10分)ゴールドタワー(車:10分)洲本市

2019年1月6日

洲本市灘黒岩水仙(車:40分)→ナゾのパライダイス(車:20分)洲本市

〇移動手段:車・フェリー

〇費用:レンタカー15,000円(ガソリン代込)、高速代往復2,000円(鳴門大橋のみ)、女木島フェリー740円、女木島にて(洞窟・バス)1,000円、食事3,000円(実家での分はノーカウント)、水仙郷500円、謎のパラダイス500円 合計で約24,740円

〇個性:★★★★★ 淡路島が誇る(?)『パラダイス』の始まりの場所

一言紹介:水仙峡と秘宝館がセットになった山間の秘境

===================== 

 

 

おしべ❤❤

とめしべのことを

まなぶところ

意味は察しろ。

 

 

 

豪快な施設名の上に書かれる紹介文。

しっかりと学ばねば。気が引き締まります。(棒読み)

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210134123j:plain

平家村民俗資料館も行きたかったが開いてませんでした。悲しい

 

 

f:id:konsoyage:20190210134126j:plain

あれは・・

 

f:id:konsoyage:20190210134129j:plain

 あーちぇりー・・

 

 

道具なかったけどやりたかったら貸してくれるのかな。 

やりたくないけど。

 

入口から色々と不安にさせられるのはいいスポットの証拠です。(?)初めの入り口でおばちゃんからもらったチケットを忘れずに持参してナゾのパラダイスの謎を解き明かしていきたいと思います。

 

↓ここでもらうチケットね。忘れたらまた料金かかります。

f:id:konsoyage:20190206232716j:plain

 

ちなみに入口でパラダイスには行かないで水仙郷だけ行くといった方でも追加で100円払えばパラダイスにin出来ます。

 

f:id:konsoyage:20190210134859j:plain

 

 

 

 

さてこれが入ってすぐのところ。

 

 

f:id:konsoyage:20190210134851j:plain

たぬき御殿!!

 

 

 

どっからたぬき出てきたんだろう・・

 

受付な感じしますが訪問時は誰もおらずもうそのままinしました。

極めて自由な風がこの施設内には吹いています。

ちなみに中入ったら管理人らしきおっちゃんがカップルに性の伝道を授けてました。

 

 

 

 

 

 

ちなみにここは写真撮影OKなのですが、、、

数ある秘宝館の中でもNo.1の卑猥さを誇る秘宝館です。

オブザイヤー調べ。秘宝館慣れしていた私も初回はたじろぎました。

 

 

 

 

秘宝館館というか管理人のエロ本コレクションみたいな感じ。w

 

秘宝館て昭和とかのレトロなヌード画像あったりしますがここはバリバリ平成の今どきの若い感じの娘のヌード画像もあります。わろ

 

 

 

 

 

 

なんで出せる画像だけご紹介したいと思う。

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210135621j:plain

愛大切

 

 

 

入口でおしべとめしべってオブラートに包んだのに入った途端これである。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210140247j:plain

やはりたぬきの唐突感は否めない

 

 

f:id:konsoyage:20190210140704j:plain

赤ちゃんはねコウノトリがどっかで盗んでくるんだよ

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210140335j:plain

おおむね来館者からは好評を博しているようです。

 

 

 

 

 

女子三人でこれだけのために来るような人と付き合いたいと思います。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210141234j:plain

古来からのことわざをこれでもかと愚弄する解釈

 

 

f:id:konsoyage:20190210141240j:plain

 

 

らくがき帳の圧倒的使いこなし!!

すべて手書き!飽くなきエロへの妄想!!

このらくがき帳どんだけあるねんっ

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210140625j:plain

 

 

 

狭い通路を抜けるとそこは秘宝館。

よかった!らくがき帳だけかと思った!

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210141829j:plain

男根様に囲まれた鳥居。

 

f:id:konsoyage:20190210141833j:plain

寂しいお賽銭箱

 

 

 

 

絵馬はけっこう真面目なお願い事書いてました。逆にシュールに感じます。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210142001j:plain

やり過ぎは短命だそうです。ヘー

 

 

ちろっと写っている女の子は生まれたままの姿です。

管理人曰く創設者の妄想で統計的根拠はないそうです。よかった。

※今の管理人の方はパラダイス創設者ではないようです。

 

f:id:konsoyage:20190210142007j:plain

お、おぉ・・・

 

 

 

管理人曰く創設者の妄想で統計的根拠はないそうです。よかった。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210142117j:plain

 

 

都道府県の女の味を展示しています。

 

管理人曰く創設者の妄想で統計的根拠はないそうです。よかった。

 

 

 

 

 

 

 

展示物の3割くらいかな秘宝館的な置物。

6割ほどは創設者のらくがきです。

どーー(・∀・)ーーん

 

 

 

あとの1割はたぶん管理人のエロ本切り抜きとなんか剥製。

たぶん最近の女優さんがいるので創設者のものではないと思う。笑

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210143143j:plain

旅路の安全を守ってくれる道祖神様・・

 

 

f:id:konsoyage:20190210143212j:plain

道祖神へのなんたる侮辱っ 道にちん・・、あ、いやおしべがあったら笑うわ

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210143215j:plain

ここにもたぬきと、あとエロ本

 

 

f:id:konsoyage:20190210143217j:plain

圧倒的たぬき

 

 

f:id:konsoyage:20190210144213j:plain

なんか剥製

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210143810j:plain

 

 

探偵ナイトスクープに出たことがたまらなく嬉しい感じ。むしろ探偵ナイトスクープの方がこんなパラダイス見つけられて嬉しいと思っていると思う。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210144242j:plain

パラダイスに来たのが小枝師匠でよかった!

 

 

f:id:konsoyage:20190210144334j:plain

これかっ

 

 

 

他にも著名人やら一般人のらくがきでいっぱい!

 

 

f:id:konsoyage:20190210144404j:plain

 

 

f:id:konsoyage:20190210143816j:plain

 

 

 

そう、ここは皆で作っていく秘宝館。

一人一人の想いがパラダイスを作っているのだ。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210144633j:plain

いやん(/ω\)イヤン

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210144815j:plain

もう何も言えねぇ

 

 

 

 

秘宝館に理解ある方はぜひ訪れて欲しい。

そう本能の赴くままの形の愛がパラダイス。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190210145152j:plain

 

 

命ある限り愛は続く。ー

 

 

 

 

 

 

●ナゾのパライダイス

住所:兵庫県洲本市由良町由良2877−22

営業時間:~2019年2月下旬 9:00~17:00(※最終入園は16:30)

入園料:500円

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村