そこにしかない個性。それはオブザイヤー

【絶景と珍景の旅ブログ】仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

C級スポット短編集 ~富山市博物館、延命地蔵~

f:id:konsoyage:20190309225347j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2014年4月25日

富山駅ほたるいかミュージアム(電車:30分)→岩瀬浜(電車:1時間半)

2014年4月26日

富山駅市役所展望台(徒歩:10分)→池田屋安兵衛商店(徒歩:20分)→廣貫堂資料館(徒歩:10分)→富山市博物館(徒歩:10分)→延命地蔵(徒歩:25分)→世界一美しいスターバックス(徒歩30分)→岩瀬浜(電車:30分)→富山駅 ※若干旅行日程修正入れてます。

〇移動手段:電車、徒歩

〇費用:電車代1,120円、食事1,000円/回、ほたるいかミュージアム600円、富山市博物館520円 合計で約8,240円

 ===================== 

 

 

旅で時間を持て余したら町に溶け込んだ場所へ行こう。

きっと旅の濃度が高まる。  

 

 

 

どの町にも日常の風景に溶け込んでしまった場所がありますよね。誰のブログにもHPにも書かれてなさそうな場所。そういう所って観光客もいないし、新鮮な気持ちで訪れてみると意外な発見があったりします。

 

 

 

 

 

 

まぁ大抵ないですけどね。('ω')

 

 

 

 

 

あった時の感動がすごいから僕は果敢にチャレンジしています。

 

ネットで検索するキーワードが分からないのでGooglemapでズームしてひたすら探す感じですね。

 

 

f:id:konsoyage:20190309231453j:plain

写真を見返すと面白いものに飢えていたのがよく分かります。

 

 

 

 

 

 

その① 富山市博物館

一言紹介:富山の歴史を学べる一般的な博物館です。

f:id:konsoyage:20190309231541j:plain

 

 

富山駅からただひったすらにまっすぐ南に半時間歩くと着きます。先に行っておきますが別に変な博物館でもなくてごく普通の真面目な場所です。

 

生き物中心に剥製とか展示しているので生き物好きの私には結構楽しい場所でした。プラネタリウムもあるのでかなり時間つぶせます。

 

f:id:konsoyage:20190309231953j:plain

早速現るナウマンゾウ

 

 

富山県にはナウマンゾウがいたそうです。小学校の時やたらと呼んでいた日本の歴史マンガで人類に狩猟されていたあいつらです。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190309231958j:plain

分かってきた富山の大地!

 

2番目に日本海の誕生ってあるじゃないですか?

画像がたぶんパラオです。笑

 

大学生の卒業旅行でパラオに行って知っていたので個人的にツボりました。たぶん他のも富山じゃないんだろうな。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190309232002j:plain

 

日本にT-レックスがいたのか分かりませんがそれっぽいやつが中心に佇んでいます。

 

f:id:konsoyage:20190309232528j:plain

エモいやつですね。

 

感情が動かされるとエモいって言うらしいです。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190309232521j:plain

メガロドンでっかいどん。

 

 

f:id:konsoyage:20190309232522j:plain

魚オブザ富山、その名はGENGE!!

 

 

f:id:konsoyage:20190309232532j:plain

実家でよくこんなの猫が捕まえてきてたよ

 

 

パラオの画像以外は特にレポートすることもなく普通に楽しい博物館でした。ほたるいかチャレンジの前にちょこちょこ訪ねようと思います。

 

 

f:id:konsoyage:20190309232534j:plain

キツネかわいいのぉ

 

 


 

住所:富山県富山市西中野町一丁目8番31号

営業時間:9:00~17:00

入館料:大人520円

 

 

 

 

 

 

その② 延命地蔵

一言紹介:綺麗な水が湧き出る地元に愛されたお地蔵様。

f:id:konsoyage:20190309233447j:plain

 

1850年江戸時代に日本各地で大地震が起こりました。世にこれを安政の大地震と言います。ここ富山市立山連峰から富山湾へ流れる常願寺川の泥水が氾濫し、大災害に見舞われたそうです。

 

洪水の後、石倉町にいた晒屋甚九郎が夢でお告げで近くのいたち川に沈んだお地蔵様を引き揚げ手厚く供養しました。これが延命地蔵

 

洪水の後は流行り病も出がちですがこのお地蔵様の御利益で大勢の人が救われたそうです。

 

 

f:id:konsoyage:20190309235120j:plain

 

地蔵尊ではきれいな水が湧いており地元の人がひっきりなしに汲みに来ていました。お堂も地元民で自主的にきれいに管理されているんだとか。

 

汲んで持って帰るわけにはいかないので僕はペットボトルに入れてがぶ飲みしておきました。美味しいお水です。

 

 

f:id:konsoyage:20190309235329j:plain

名水だ

 

f:id:konsoyage:20190309235326j:plain

甚九

 

 

ちなみにこの地蔵尊は供養されてから約100年後のかの戦争時に富山市の町と共に一度焼けてしまったそうです。 戦後1年ほど経って再建されたそうですが地元の方々の愛が感じられますね。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190309235845j:plain

 

 

地蔵尊目の前にはレトロな自販機と・・・

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190309235848j:plain

 

 

たこ焼き屋さん!!

 

このたこ焼き屋さん延命地蔵尊の湧水を使って生地を溶いているそうです。周りに人はいなかったけどたこ焼きを食べている人はずっといました。

 

座る場所なかったので諦めましたが次行くときは地蔵様の御利益をしっかりと頬張ってみたいと思います。

 

 

 

 

住所:富山県富山市石倉町

営業時間:-

参考URL:石倉町の延命地蔵の水|とやま名水ナビ

 

 

 

 

その③ おまけ

 

有名なのでご存知の方も多いと思いますが、富山駅の北側にあるスターバックスは世界で一番美しいスターバックスと言われています。

 

桜の時期の晴れた日に行くと洋風な風景と桜乱舞するジャパニーズピンクと富山の立山連峰が重なってとても美しい景観が見れます。

 

 

f:id:konsoyage:20190310001109j:plain

こんな感じ。隣の枯れ木は全部桜です。

 

 

f:id:konsoyage:20190310001221j:plain

運河の感じが外国っぽく感じます。

 

 

 

駅以外どこにも人が居なかったけどこのスターバックスは並んでました。笑

 

ちなみに桜満開の時期にもここ訪れてますが確かちょうどカメラの電池が切れた気がします。

 

 

f:id:konsoyage:20190310001651j:plain

かろうじて一枚・・

 

 

 

 

 

桜に合わせてほたるいかチャレンジするのおすすめよ。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村