そこにしかない個性。それはオブザイヤー

【絶景と珍景の旅ブログ】仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

性の悩みはお花さんがまるっと解決! ~林下寺(お花大権現)~

f:id:konsoyage:20200120015513j:plain

〇個性:★★★★☆ 奉納物のあれの数は感謝の数!

一言紹介:性の悩みを解決してくれる神様が鎮座するお寺。

 にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

 

 

 

 

性の悩み・・は抱えてませんが、いつか患ってしまったら徳島まで飛ぼうと思う。

 

病から子宝授け、夫婦円満。性にまつわる悩みをまるっと解決してくれる女神さまが徳島県に鎮座しています。

 

神の名はお花大権現

(権現≒神様と思ってまぁ問題ないです。)

 

お花さんの悲しい伝説と共に山の中に佇みます。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120015902j:plain

何にもねぇのどかな町でお花さんは全国津々浦々の性の悩みを聞いているのだ。

 

 

本当にここ?って感じの場所ですが車で来る際にでっかでかと看板が何個か出ているので近くに着いたらすぐわかりますよ。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120015907j:plain

 

私はあえて河原に車止めて歩いていきましたけど目的地の林下寺のすぐ近くに無料駐車場があるので車で行ってしまってもいいと思います。道狭いけどね。

途中有料駐車場がひっかけで出てきますが信じて突き進みましょう。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120015910j:plain

 

お花大権現は林下寺というお寺の中におられあそばれます。

勘のいいひとはお気づきでしょう。寺名の石碑の左隣に佇む怪し石に・・・

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120231043j:plain

てぃーん

 

 

なんてこったい。

 

風情あるいい寺だなぁ~ってたぶん2秒くらいしか思わなかったよ。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120231314j:plain

これが入口

 

 

f:id:konsoyage:20200120231317j:plain

 

入る時は鐘を鳴らすのが作法

 

f:id:konsoyage:20200120231320j:plain

 

ゴーン( ̄ー ̄)

 

 

 

鐘を鳴らそうが鳴らすまいがなんかチャイムみたいなんなって訪問時はすぐばれますよ。

 

鐘の意味なんなん?って思った。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120015916j:plain

 

チャイムならなくてもわんこが吠える吠える。

なんやこの元気なお寺。

 

 

騒々しくしてると中から住職さんが出てきてあれこれ説明してくれます。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120232729j:plain



不遜ながら私のお目当てはお花さん。

一通りお参りを済ませ目的地へ歩みを進めます。

(お花さんはお寺入ってすぐ右折。)

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120232852j:plain

 

西日本随一の性の神様!!

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120232950j:plain

 

入口で見たてぃーんを横目に

 

 

f:id:konsoyage:20200120233002j:plain

 

黒光りするてぃーんが入口に佇む

 

 

f:id:konsoyage:20200120233013j:plain

 

中にはてぃーんてぃーーーn

言い過ぎや( ' ^'c彡☆))Д´) パーン

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120233019j:plain

 

・・・ん、うん。静かに取り乱しました。

 

このてぃん達はすべて信者からの奉納物だそうです。

願い、というか御利益を授かった数だけここに並んでいるようですね。

 

 

 

日本のみならず今や海外からも訪れる知る人ぞ知るお寺なんだとか。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120233024j:plain



外にはひっそりと道祖神か?って思いましたが、

 

 

f:id:konsoyage:20200120235657j:plain

 

草木どけてみると女陰でした。

にょいーん
 

 

 

 

 

さて、ここまでただ見てるだけだと、てぃんがいっぱいあるその他の性神社とあまり大差ありませんがお花さんにはある悲しいお話があります。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120233010j:plain

 

その昔、この地から播州へ嫁いだ美しいお姫様がお花さん。

あまりの美貌にお殿様の寵愛を一身に受け、幸せに暮らしていたようです。

 

ところがそれを快く思わないのが他の側室たち。ある日お殿様の不在時を見計らってお花さんを殺してしまいます。その後、城の中では側室たちが怪死する事件が相次ぎパニック。

 

帰ってきたお殿様がパニックの最中、お花さんの不在時を不審に思っていたところ、夢枕にお花さんが立ちすべてを話します。そして性の事で苦しんだから自分は性の神様になるんだと伝えて姿を消したとな。

 

 

・・・不憫に思った殿様が祠を建てて厚く弔いようやく怪異は収まったのであった。

 

 

f:id:konsoyage:20200120235735j:plain

 

女子の恨みは怖い・・と思いつつも、自分が殺されてしまったのに万人の性の悩みを解決する神様になると決心したお花さんのやさしさは感動もんですね。

私なら末代まで呪い続けますね。

 

女神なのになんで男根ばっか?と思いましたけど殿様の事を思ったお花さんの気持ちに合わせてるのかなって何となく思いました。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200121000003j:plain

 

堂内のてぃん達だけで満足できないそこのあなた。

 

信者の奉納物をさらに楽しむべく奉納物殿という倉庫があります。

 

 

なんとここにはあのお花さんも鎮座しています。(゚∀゚)

 

 

 

会わずして帰るべからず!!

行くぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200121000622j:plain

すげー(∩´∀`)∩

 

 

 

f:id:konsoyage:20200121000709j:plain

 

 

四方どこ見ても、

 

 

f:id:konsoyage:20200121000714j:plain

 

てぃんがいっぱい

 

 

f:id:konsoyage:20200121000735j:plain

 

触ると動くてぃんに

 

 

 

f:id:konsoyage:20200121000724j:plain

 

 

巨大なてぃん

 

 

 

f:id:konsoyage:20200121000727j:plain

 

巨てぃんは中が空洞になっていてくぐれると無病息災だそうです。

 

90kgくらいの♂まで通れるとか言ってましたがたぶんちょっと肩幅広かったら無理でしょうね。嵌って住職に助けを求めるのが怖かったのでチラ見して流しました。

 

 

 

さて、お花さんに挨拶せねば。

先ほどから艶めかしいおみ足が見えているあなた様、

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200121000705j:plain

 

 

 

 

 

 

あなたがお花さんですね?!

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200121000742j:plain

・・・。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200121001302j:plain

・・・お花さんは私です。

 

 

 

 

 

 

 

 

えぇっ(; ・`д・´)

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんよく間違えるそうですがきれいなおみ足は弁天様だそうですよ。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200120015934j:plain

お参りする方を間違えると御利益はパーですぞ


 

 

 

 

 

まぁ今のところ悩みはないんですけどね。

 

30半ばで結婚できなければまた来るよ。

 

 

 

 

2020年1月5日訪問

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村 

 


●お花大権現

住所:徳島県三好郡東みよし町中庄2271

時間:明るいうちの方がいいと思う。

入場料:奉納物殿は200円(住職の説明付き)

参考URL:東みよし町の文化財 林下寺(お花大権現) - 東みよし町