そこにしかない個性。それはオブザイヤー

【絶景と珍景の旅ブログ】仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

世界遺産になる日が来るか昭和レトロ!? 来ない?うるせぇっ! ~日本海食堂~

f:id:konsoyage:20200324002909j:plain

〇個性:★★★☆☆ 昭和の香りを楽しむレトロ空間

一言紹介:昭和グッズが所狭しと並ぶロードサイドレストラン。

 にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

 

 

 

 

目まぐるしく変化する社会。歩き続ける事が辛くなった時は流れ去った時代に想いを馳せ、酔いしれるのも悪くはない。

 

ノスタルジストが集う昭和の香り漂うロードサイドレストラン、それが日本海食堂

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324004347j:plain

 

一目見て、二目見て、ちらりと中を覗かないと営業中かどうか分からないオンボロ造り。他の客の車がないとなかなか勇気が出ませんがちゃんと食堂として営業しています。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324004825j:plain

入口は看板のついてない方の建物

 

 

その昔はトラックの運ちゃんや、なうなアベックで賑わうハイカラなドライブインだったそう。国道8号線が新しいバイパスとなって、今では静かな裏通りのお店。

 

 

昭和から平成の時を超え令和の時代となった今、流れゆく時を楽しめるクラシックなお店として営業を続けています。

 

 

 

こういうレトロなお店はとても好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324005427j:plain

 

 

 

 

 

 

 

珍スポやしな。

 _(:3 」∠)_

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324005645j:plain

 

 

秘宝館と言う言葉にときめきしか感じないぜ。

 

国際ってのも『?』ですけどコドモが見ていいものなのか秘宝館て!?って思って入りましたがまさか食堂だとは。笑

 

よく見たら下に日本海食堂って書いてましたが秘宝館と言う言葉に脊髄反射するのは珍景マニアとしては正しきリアクションですね。

 

 

ちょうどお昼時なんでご飯食べてきました。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324005951j:plain

 

実に情報量の多い店内ですが一目見ただけで昭和レトロを感じられるラインナップに初めて訪れた場所ながらどこかしら居心地の良さを感じます。

 

 

f:id:konsoyage:20200324005955j:plain

 

 電話ボックスの中の警官と目が合う素敵なお席に案内されてメニューを拝見。

 

 

f:id:konsoyage:20200324010018j:plain

 

至って普通の食堂メニューです。

値段はお安めですね。近所に住んでたら通っちゃうよ。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324010620j:plain

 Welcomeッ

 

 

 

何となくカレーうどん食べたかったのでご注文しては配膳されるのを待ちます。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324010815j:plain

 

待っている間にお手洗いチェック。

お手洗いまで珍造りなお店はだいたい末期、珍完全体です。

言わずもがな愛してます、そういうの。

 

 

f:id:konsoyage:20200324010826j:plain

普通だった。くっ・・

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324010831j:plain

 

お手洗いから出たら富山のお店らしくレトログッズの中に薬棚がありました。

 

 

f:id:konsoyage:20200324010843j:plain

 

 

そんな事よりも黒部ダムの底まで行く原チャリ女子と後ろのやつが気になってご飯何処じゃなくなりそうです。

 

 なんてまとまりのない空間なんだろう。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324011417j:plain

 

 

割とすぐにカレーうどん出てきました。

味はなんて言うか普通に美味しかったです。

可もなく不可もなくでなくてちょい美味しめ。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324011532j:plain

 

お会計する時にショーケース見たら昔のお子様ランチに使われていたであろう新幹線の器がありました。

 

最近の中高生くらいの子に国旗が刺さったオムライスが出てきたときの高揚感とか通じるのかな?

 

 

f:id:konsoyage:20200324011535j:plain

 

 

お店の人に話を聞きたかったのですがちょい忙しめだったので店内を徘徊。はだしのゲンが連載されている少年ジャンプ初めて見た。

っていうか少年ジャンプで連載してたんだ。

 

 

f:id:konsoyage:20200324011540j:plain

 

半分外の屋外で入館料の看板があったので隣の倉庫みたいなところは昔解放されてたのかな?もしくは倉庫内のレトログッズ達が食堂の方に移ってきたのか。

 

 

謎である。

 

 

f:id:konsoyage:20200324011546j:plain

 

不安な気持ちにさせてくれるパンダちゃん。

どこかで会ったような気もします。

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324002909j:plain

 

 

こっち側にも入ってみたかったのですが今は閉館?しているようで中には入れません。

 

後からググってみたらけっこうしっかりとホームページ作ってました。

 

 

taneguti.wixsite.com

 

 

(一部抜粋)

ご覧の通り、崩壊寸前のオンボロ食堂ですが、店内のガラクタは、お店の財産であり、次世代へ受け継がれる価値ある秘宝かもしれません。

一日も早く世界遺産に登録されますよう、お店を盛上げていきます。

 

 

 

 

真面目なんだかふざけてるんだか分からないコメントがシュールでいいですね。肩の力抜いて流れる時間を楽しめる良き珍スポットです。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20200324004352j:plain

 

 

ちなみに昭和レトロ懐かしいとか流れる時間を楽しむとかいっちょ前な事行ってみましたが私は平成生まれです。

 

 

 

 

 

 

_(:3 」∠)_

平成生まれでも懐かしさ感じるから昭和レトロって凄いと思う。

 

 

 

 

2020年3月1日訪問

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村 

 
日本海食堂

住所:富山県富山市水橋堅田9山県富山市水橋堅田9県富山市水橋堅田9富山県

時間:11:30~15:00、17:00~20:00 ※毎週水曜定休日

参考URL:日本海食堂 昭和レトロ