そこにしかない個性。それはオブザイヤー

【絶景と珍景の旅ブログ】仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

巨大天狗の面に祈りを込めて。 ~迦葉山 弥勒寺~

f:id:konsoyage:20191021233756j:plain

〇個性:★★★★★ 日本一でかい天狗面!

一言紹介:天狗を祀る山中の神聖なお寺です。

 にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

 

 

 

日本各地に存在する天狗寺・神社、神奈川の最乗寺が有名ですがインパクトの大きさなら岐阜県美濃加茂市の古井の天狗山と群馬の山中にある迦葉山 弥勒がツートップだと思う。 

 

 

古井の天狗山はこちら↓

konsoyage.hatenablog.com

 

 

 

古井の天狗山はずらっと並ぶ天狗のお面と日本一の巨大天狗像が鎮座していますがこちら弥勒寺では顔だけなら日本一、超巨大な天狗のお面が佇んでいます。

 

子供が見たらギャン泣き間違いなし!大人でも薄暗い時に不意打ちで視界に入ると腰抜かしてしまうかもしれません。でも知ってて訪ねるとほっこり、にょほほってなる素敵な珍スポット。

 

 

 

さぁ行っくぞぉぉぉーー

🚙=3 =3

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191021235436j:plain

 

 

 

 

古井の天狗山は近くに電車の駅もあって電車旅でも行けますがこちらの弥勒寺はそこそこ山の中にあるので諦めて車かバイクで行きまっしょい。

 

 

f:id:konsoyage:20191021235529j:plain

f:id:konsoyage:20191021235532j:plain

 

 

 

登山する方は途中からこんなでっかいローソクが出てくるのでこちらの道を。

 

 

f:id:konsoyage:20191021235534j:plain f:id:konsoyage:20191021235537j:plain

 

 

何とも言えないファニーな阿吽像がありますのでさっそく先行きが良い感じに不安になってきます。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191021235929j:plain

 

f:id:konsoyage:20191021235846j:plain

 

 

頂上まで車で一気に駆け上がったら薄眼を開けた観音菩薩様がお出迎え。

広めの駐車場に車を停めて最後の階段を登ります。

 

 

 

f:id:konsoyage:20191021235955j:plain

ここでまたローソク

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191022000004j:plain

『私が天狗だ』

 

f:id:konsoyage:20191022000007j:plain

 『・・・。』

 

 

 

ちゃんと阿吽になっているファニーな狛天狗をパシャリんこ。📷

 

848年まで遡る日本有数の歴史あるお寺ではありますが気負い過ぎずに訪問できるいいお寺です。こんな感じですが徳川初代将軍家康公の祈願所。朱印百石、十万石の格式(=広い土地所有の権利)を有した割と格式高いお寺です。

 

 

 

f:id:konsoyage:20191022011100j:plain

さぁいよいよ巨大天狗とご対面だ

 

 

ぼちぼち広い境内ですが山の斜面に沿って上下に広い感じ。本殿は実は山の上にありますが、だいたいの人は巨大な天狗のお面がある拝殿で大満足して帰っていくようです。

 

拝殿は階段登ってすぐ目の前にあるのでさっそく腰を抜かしに向かいます。

 

 

 

f:id:konsoyage:20191022012127j:plain

巨大な天狗のうちわ、ヤツデの葉

 

f:id:konsoyage:20191022012010j:plain

拝殿入口左でには天狗の生首

 

f:id:konsoyage:20191022012456j:plain

入口右にはなんだか偉い感じのお坊さん。煩悩はたぶん捨てきれてない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よしっ、じゃ腰抜かすか!

 

 

 

 

 

 

お邪魔しまーーーーすっ

 

[壁]д・)ちらぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191021233756j:plain

いらっしゃい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわぁぁぁぁぁぁ 三└(┐Lε:)┘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191022013112j:plain

いらっしゃい

 

 

 

 

 

 

 

 

(:з )≡ うわぁぁぁぁぁぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・うざい?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191022013254j:plain

 

 

 

ちょっとアングル引いてみるとこんな感じ。

 

もっと奥に隠れてたりするのかなぁって思ってましたがもったいぶらずにすぐ現れてくれました。

 

 

 

f:id:konsoyage:20191022013351j:plain

 

 

拝殿内は至る所に天狗のお面があります。壁に飾られているお面はけっこう古いようで所々色が剥げていましたがそれがまた趣を醸し出していて見応え◎。

 

 

 

f:id:konsoyage:20191022013519j:plain

 

 

お借り面というのがあってお持ち帰りした翌年に別のお面を購入して倍にして返す方式。御利益があったら翌年も来るはずなので幸せになった人の分だけお面が増えるほっこりな仕組みですね。巨大なお面持って帰りたいなぁ

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20191022013822j:plain

 

 

そもそも何で天狗のお面なの?

 

天巽慶順という弥勒寺を復興した偉いお坊さんが昔々居りて、その付き人に中峰という終生、顔が老けなかったという神童が付き人としていたそうです。

 

天巽慶順が住職としての務めを終える際に中峰が『実は私は仏の化身だったのだ。救世の目的は果たしたのでこれからはこの山で皆を見守るのだ。』と言って昇天します。

 

その跡に残されたのが天狗のお面。

 

 

 

ざくっと書きましたがこの伝説を元に弥勒寺では天狗のお面を祀るようになったそうです。

 

 

拝殿だけでなく境内の至る所に天狗の像があるのでいくつ見つかるか探してみても良きですね。

 

 

 

f:id:konsoyage:20191022015018j:plain

たぶんこの人真面目

 

f:id:konsoyage:20191022015023j:plain

でっかい下駄

 

f:id:konsoyage:20191022015031j:plain

自販機だって天狗だ

 

 

 

 

ちなみにまぁまぁ早朝に行ったんですが地元の方っぽい数人のちびっこと母親がお参りに来ていました。

 

巨大な天狗のお面が子供ギャン泣き必至と軽口叩きましたが、ちびっこ達は天狗の面みて大爆笑してました。

 

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

う~ん最近のちびちゃんはなかなか一筋縄ではいかないようやね。

 

 

 

 

熱心にお参りする母親と対照的な元気なちび達にもほっこりしたいい朝でした。

 

 

 



●迦葉山 弥勒

住所:群馬県沼田市上発知町445

時間:拝観時間:6:00~18:00 ※寺務所受付は9:00~16:30

参考URL:迦葉山 | 見る | 沼田市観光協会

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村