そこにしかない個性。それはオブザイヤー

MuvoTours~仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

東京で食す!元祖きびだんごは熱々 ~吉備子屋~

f:id:konsoyage:20190410233150j:plain

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2018年9月9日

東京駅吉備子屋(電車:30分)

〇移動手段:電車・徒歩

〇費用:電車代350円、吉備団子(5本)250円 合計で約600円

〇個性:★★★★★ ホンモノのきびだんごを食す!

一言紹介:日本唯一のきびだんご専門店です。

===================== 

 

 

 

 

きびだんご食べた事ありますか?

 

 

って聞かれて食べた事ないって人はどれくらいいるんだろう。

 

 

 

 

かつて桃太郎サンがそれ一つで犬雉猿を手玉に取り、鬼という巨悪を討つという命がけのブラック労働を強いたという伝説の食べ物。現代なら労働基準法並びに動物愛護法違反や。

 

 

 

konsoyage.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

食べたことあるっ

あのもっちもちの色んな味あるやつ!

 

 

 

 

 

 

って思ったあなた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはきびだんごじゃないかもよ~( ・∀・)σ)Д`)ぷに

僕はもっちもちしか食べたことありませんでしたよ。内緒だよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

諸説あるのでなんとも言いませんが、元祖!って銘打って発売しているあのもっちもちきびだんごは近代に改良されてできたお菓子のようですね。もち米にきび粉混ぜて作った、団子って言うかどっちかていうと求肥な感じです。

 

本来のきびだんごとは雑穀の一種であるきびを粉にして水・砂糖と共に練って茹でるお菓子なのである。もちもちではあるけど求肥よりは弾力が弱い感じです。

 

 

 

cookpad.com

 

 

 

昔はお米が高価だったので雑穀の黍を使ってお菓子作ってたんだろうな。戦前には駄菓子屋や町中できびだんごに子供たちが群がってたなんてお話も。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190411001203j:plain

 

 

 

 

 

そんな昔ながらのきびだんごを食せる場所が東京にあります。

 

 

隅田川を挟んで対岸の向島にある”吉備子屋”。風光明媚な街として栄えた、今もなおノスタルジックな下町風情を感じられる街にあるこのお店は日本で唯一のきびだんご専門店。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190411003340j:plain

お店の佇まいもレトロでいい感じだっ

 

 

5本で250円!という破格のお値段で提供されるきびだんごは無添加で初めて食べてもどこか昔懐かしい味わいを楽しむことが出来ます。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190411003719j:plain

茹でたてを食べられるので熱々なのだっ

 

 

f:id:konsoyage:20190411003729j:plain

 

 

半生(茹でる前)のきびだんごもお土産で売っています。浅草周辺なのにキリンビールのポスターになんかクスッと来ました。(アサヒビール本社は浅草。)

 

 

f:id:konsoyage:20190411003747j:plain

だんご型のオブジェ?

 

 

 

 

お店の中に入ると狭い店内でおばちゃんが手際よくかき氷作ったり、お茶出したりしてました。かき氷・・?きびだんご専門店?専門店ってなんだっけ

 

 

 

f:id:konsoyage:20190411004212j:plain

 

 

9月でまだ残暑厳しい中でしたが、ご注文の品はもちろん熱々きびだんご。リヤカー?に載った寸胴鍋に沸いたお湯でおばちゃんが半生のきびだんごをきびきびとした手つきで茹でていきます。

 

 

 

 

 

 

そう、

 

 

きびだんごだけにきびきびと!

苦笑いすんな

 

 

 

f:id:konsoyage:20190411004421j:plain

画像だとわかんないけど寸胴鍋乗っているのはまごう事なきリヤカーでした。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190411004800j:plain

茹でるべしっ

 

 

 

 

 

 

 

さっと茹で上がったきびだんごに手際よくきな粉をまぶしていきます。

 

 

 

 

 

そう、

 

きびきびと!

こっち見んな

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190411004806j:plain

まぶすべしっ

 

 

f:id:konsoyage:20190411004812j:plain

まぶすべしっ まぶすべしっ

 

 

f:id:konsoyage:20190411004815j:plain

うおぉぉぉぉ

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190410233150j:plain

じゃじゃじゃじゃーん

 

 

 

 

 

店内にも席はありますが常連さんでだいたい埋まってそうなのでお店の前のベンチに腰掛けいただきます。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190411005417j:plain

もぐもぐ

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190411005454j:plain

うまうま

 

 

 

 

きな粉の味ってなんでこんなに落ち着くんだろう。

 

団子って言われて想像するお菓子と比べると弾力がそこまで強くないので噛んでつぶす感じの食感。きびは味の主張がそこまで強くないですがコクがあるのできな粉の風味と味に深みを感じさせてくれます。

 

 

 

 

 

うんっ、初めて食べたホンモノのきびだんご、美味ぇ(・∀・)!!

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190411010233j:plain

 

 

建物もレトロでいい雰囲気ですよね。

 

お散歩ついでにきびだんご。予定のない休日の鉄板になりそうな気がします。

 

 

 



●吉備子屋

住所:東京都墨田区東向島1丁目2−14

営業時間:11:00~17:00(月曜定休日)

入場料:無料

参考URL:吉備子屋HOME

 

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村