そこにしかない個性。それはオブザイヤー

【絶景と珍景の旅ブログ】仕事の合間に旅をして。忙しいサラリーマンに寄り添う旅人に、そんな風に私はなりたい。オブザイヤーは口癖です。関西出身東京社畜のサラリーマンの旅日記という訳です。

御利益最強の洞窟、群馬にアリ ~洞窟観音~

f:id:konsoyage:20190531005426j:plain
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村

=====================

2019年4月6日:

東京都23区新倉浅間公園(バイク:3時間半)山高神代桜(バイク:1時間半)佐久市(バイク:1時間半)

2019年4月7日:

佐久市釈尊寺(布引観音堂)(バイク:30分)鬼押出し園(バイク:1時間)洞窟観音(バイク:1時間半)→東京都23区(バイク:3時間)

〇移動手段:バイク

〇費用:ガソリン代3,000円、鬼押出し園650円、洞窟観音600円、食事5回×1,000円/回、ネットカフェ2,200円 合計で約11,450円

〇個性:★★★★☆ 人力洞窟に鎮座する観音様!

一言紹介:信仰深い呉服商が作った人力大洞窟に三十三の観音様が鎮座しています。

===================== 

 

 

 

更新止まってるときはだいたい精神に傷を負っている時です。

おもに仕事のせいだね

 

 

 

 

 

 

さて思い付きで静岡行って長野からの群馬周りをバイクでぐるっと回る旅。そんな準備してないからやっぱりへろへろになります。

 

でも勿体ないからあと一つスポット巡ろう、そう思って洞窟観音とやらに行ってきました。

 

 

f:id:konsoyage:20190531011510j:plain

f:id:konsoyage:20190531011516j:plain

f:id:konsoyage:20190531011754j:plain





 

正確にはGooglemapでたまたま見つけた慈眼院という観音様を祀る寺院を目指して、たまたま洞窟観音見つけた感じですね。

 

もうこの旅でどんだけ観音参拝するんだろう。。まったく気にしてませんでしたが本日3つ目の観音堂です。ちなみに私は神道少しかじっているだけの無宗教です。

 

 

 

 

 

たまたま行ったにしては慈眼院はどうしてこれまた立派な観光地でした。

 

 

f:id:konsoyage:20190531012034j:plain

でっかい観音様と青空

 

f:id:konsoyage:20190531012039j:plain

優しそう

 

f:id:konsoyage:20190531012041j:plain

 みんな逆光の中頑張って白衣観音様撮ってました。

 

 

 

想定外によきスポットですが私は特に御朱印集めている人でもないので基本的には寺社は珍景見に行くくらいでしか行きません。

 

 

どうやら慈眼院の近くには洞窟があってそこに多数の観音様がいるそうなのでみんなが観光しているところを華麗にすり抜け向かいます。

 

 

f:id:konsoyage:20190531012810j:plain

ひとっこ一人いやしねぇ

 

 

f:id:konsoyage:20190531012815j:plain

なぜ誰も洞窟を目指さないのかふっしぎ~

 

 

 

 

ちなみに洞窟観音行くのに慈眼院経由する必要は特になく車で普通にたどり着きます。ていうか慈眼院から向かうとひと駅くらい平気で歩かされるので注意だ。_(:3 」∠)_

 

 

 

f:id:konsoyage:20190531013305j:plain

 

 

これが洞窟観音の入り口。

入口から何やらそそる外観していますね。

 

 

f:id:konsoyage:20190531013336j:plain

なんか分らんけど攻めてるって思う

 

 

 

こちらの洞窟、新潟柏崎出身の呉服商山田徳蔵によって50年の歳月をかけて作られた人口の洞窟です。着工したのが大正8年、まだ動力がない時代に人力でスコップやつるはしを使って作られたそうです。

 

 

谷を埋めて、山を掘り、多くの作業員がせっせせっせと掘って約50年。坑道は400mにおよび、ごつごつとしたその見た目から彼岸の極楽をイメージして観音像が置かれたそうです。

 

 

f:id:konsoyage:20190531015528j:plain

 

 

 

 

ちなみに商売で成した財を盛大に使って洞窟を掘り始めた動機は、子孫にお金残してもろくな事にならないからだそうです。

 

 

 

 

・・・。

 

 

じーちゃんがそんな事し出したらすぐに私は取り押さえますね。

 

 

 

 

 でもこんな感じに豪快に世のためとしてお金を使う生き方はしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190531015533j:plain

入場料600円払っていざゆかん

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602180919j:plain f:id:konsoyage:20190602180922j:plain


 

 

洞窟内の壁は綺麗に補修されているので洞窟を探索というかは、何か建造物の中を見学して回る感じです。

 

右左と交互に小部屋みたいなものがあるのが分かりますかね?

その小部屋一つ一つに観音像が置かれています。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602181140j:plain

 

f:id:konsoyage:20190602181143j:plain

ありがたや
 

 

 

 

 

まずはだれもが知る千手観音様。あらゆる者へ救済の手を差し伸べるため千の手を持つ観音様。とても神々しいお姿です。

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602181416j:plain

 

f:id:konsoyage:20190602181401j:plain

 

 

続いて楊柳観音様。

こ、こちらも皆さんご存知ですね。(棒読み)

 

柳の枝で悪病を祓うそうです。

 

 

 

次参ろう。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602181625j:plain

 

f:id:konsoyage:20190602181634j:plain

 

 

 

龍頭観音様。

龍は空想の生き物の王、その威厳を観音様に重ねたそうです。

み、みんな知ってるよな!

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602181851j:plain

 

f:id:konsoyage:20190602181854j:plain

優しそう

 

 

 

慈眼院にあった大きな観音様がこちらにもおられました。白衣観音とは阿弥陀如来の妻で観音菩薩の母なんだそうです。

 

柔和な顔立ちだなぁと思ってましたが母神と聞くと納得ですね。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602182116j:plain

 

 

全部撮ってきましたが全挙げるときりがないので観音信仰篤い方はHPよりどうぞ。

 

洞窟内ぐんぐん進んでいくと奥の方はきれいに補修されて壁が終わりざ・洞窟という感じになってきます。

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602182347j:plain

四天王っぽい

 

 

f:id:konsoyage:20190602182351j:plain

とっても有難い神様なんだろうけどちょっと怖い

 

 

f:id:konsoyage:20190602182354j:plain

枯山水・・?

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602182605j:plain

誰もいない洞窟ってどうしてもバイオハザード思い出す

 

 

 

洞窟観音は基本的に右に左に観音様が鎮座していて順番にお参りする感じですね。遠方まで行かなくとも巡業ができるお馴染みの親切スポットです。

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602182846j:plain

人生の見通しが明るくなって気がします。(棒読み)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602183042j:plain

七十の塔

 

 

 

 

洞窟観音の隣には創設者、徳蔵の庭園があります。その名も『徳明園』。群馬の庭園ランキングで16,17年とぐるたびでNo.1だそうです。

 

 

f:id:konsoyage:20190602183053j:plain

 

f:id:konsoyage:20190602183238j:plain

他に群馬県に庭園あんの?って思ったやつはグンマに連れ去られるぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きれいに整備されていた普通の庭園なので詳細は割愛しますが1個だけ”珍”が鎮座していましたのでそこだけ。

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602183419j:plain

看板から怪しい

 

 

f:id:konsoyage:20190602183529j:plain

またしても手作り洞窟が現れた

 


f:id:konsoyage:20190602183531j:plain

どきどき

 

 

f:id:konsoyage:20190602183535j:plain

出口にはこれまた白衣観音

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして笑うやつら

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190531005426j:plain

あふれ出る世紀末感・・

 

 

 

 

北斗の拳とか思い出すの私だけだろうか・・

白衣観音像の存在感を一気に全部持っていかれました。

 

 

 

 

 

 

f:id:konsoyage:20190602183858j:plain

 

 

 

 

とりあえず桜がきれいでした。

 

 

 



●洞窟観音

住所:  群馬県高崎市石原町2857

営業時間:10:00~17:00(平日は~16:00) 

参考URL:天下の霊場 洞窟観音

  

にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村